Menu
(0)

Search

【続報】キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンス『アベンジャーズ』第4作で「すべてが終わる」マーベルとの契約問題、その現状を語る

2017年3月、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を牽引する主要キャラクターのひとり、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスがマーベル・スタジオとの契約を終了するというニュースが入ってきた(記事)。この報道は全世界のファンに衝撃を与えたが、その後の続報や各メディア・ファンの推測も含めて、真相がつかみづらい状況が続いていた。

しかし今回、エヴァンス自身がマーベル・スタジオとの契約状況についてその現状をきちんと明らかにしている。

エヴァンスとマーベル・スタジオ、これまでの経緯と噂

2011年、自身が主演する『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で“MCU初登場”を果たしたエヴァンスは、マーベル・スタジオとの間で「6本の映画に出演する」という契約を結んでいたという。その後、2012年『アベンジャーズ』、2014年『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、2015年『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、そして2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と(合間に他作品へのカメオ出演を挟みながら)スクリーンに登場してきたエヴァンスは、『シビル・ウォー』の終了時点で出演予定作品を1本残すのみとなっていた。

2017年3月、エヴァンスがマーベル・スタジオとの契約を終了する(=キャプテン・アメリカを卒業する)という第一報が入ってきた際、彼が最後に出演する作品は『アベンジャーズ』第4作(2019年公開予定)だといわれた。しかしエヴァンスは2018年公開の第3作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』への登場がすでに判明しており、これでは残り出演本数との計算が合わない。そこで海外メディアは、本来『アベンジャーズ』第3作・第4作は“パート1”、“パート2”として構想されていたので、出演作品としては「2作品あわせて1本」という扱いなのではないかと推測したのである。

ところがその直後、同時に撮影される予定だったはずの『アベンジャーズ』第3作・第4作が別々に撮影されていることが発覚。やはりエヴァンスは『インフィニティ・ウォー』を最後にキャプテン・アメリカを卒業するのではないかという説も浮上してきたのだ。

しかしこのように情報が錯綜しているのを知ってか知らずか、今回、エヴァンスは契約に関する経緯を自らの口で整理している。

『アベンジャーズ』第4作まで“契約を延長”

「僕がマーベルと契約したのは6本でした。だから『アベンジャーズ』第3作でおしまいだと言うこともできたんです。」

英Telegraph紙のインタビューで、エヴァンスは現状をこのように語り始めた。

「でも彼ら(マーベル)は、『アベンジャーズ』の第3作と第4作を2部作にしようとしていたんです。とても多くのキャラクター…ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、ブラックパンサー、キャプテン・マーベル、ドクター・ストレンジ、アントマン…を合流させたい、でも1本の映画で全部はできないって言うんですよ。」

つまりエヴァンスは、『アベンジャーズ』第3作で終了するはずだった契約を第4作まで延長したのだ。『アベンジャーズ』第3作・第4作の構想は、エヴァンスにそう決断させるには十分なものだったのだろう。

「(2部作の構想は)筋が通っていますしね。そこですべてが終わるんですよ。

もっともこの発言は、『アベンジャーズ』第4作でスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの物語に区切りがつくことを示唆するものだ。ちなみにコミックには、スティーブ・ロジャースが死亡するエピソード、また老化によってキャプテン・アメリカを引退するエピソードがあり、その際にはバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーとサム・ウィルソン/ファルコンがそれぞれキャプテン・アメリカを受け継いでいる……。

来る『インフィニティ・ウォー』、そして『アベンジャーズ』第4作でスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカに何が起こるのか、そして周囲の人物がどう動くのか、その詳細は一切わかっていない。しかしエヴァンスの契約が終了し、ロジャースの物語が終わるとすれば……なんらかの大きな動きが予定されていることは間違いないだろう。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日に全米公開予定。つづく『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル未定)は2019年4月26日(金)全米公開予定だ。ちなみにクリス・エヴァンス扮するキャプテン・アメリカは、2017年8月11日公開『スパイダーマン:ホームカミング』にもほんの少しだけ登場する模様。

Source: http://www.telegraph.co.uk/films/0/chris-evans-interview-marvel-star-politics-break-ups-saying/
Eyecatch Image: https://twitter.com/Telegraph/status/873566677857783808

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly