Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』実写版エズラ・ブリッジャー役決定、ドラマ「アソーカ」で登場へ

スター・ウォーズ 反乱者たち
『スター・ウォーズ 反乱者たち』ディズニープラスで配信中 © 2017 & TM Lucasfilm Ltd

スター・ウォーズ』の新ドラマ「アソーカ(原題)」で、エズラ・ブリッジャー役を新進俳優のエマン・エスファンディが演じることがわかった。米Cinelinxが報じ、米The Hollywood Reporterが確かな情報だとして追随している。

この投稿をInstagramで見る

Eman Esfandi(@emanesfandi)がシェアした投稿

エズラ・ブリッジャーは、アニメ「反乱者たち」で全4シーズンにわたって活躍したメインキャラクターのひとり。ストリート育ちから反乱軍に加わりつつ、ジェダイの修行に挑んだ正義感の強い少年だ。

ドラマ「アソーカ」は、同じくアニメシリーズ(「クローン・ウォーズ」「反乱者たち」)出身の人気キャラクター、アソーカ・タノの実写単独シリーズ。エズラとアソーカは「反乱者たち」で行動を共にしたため、かねてよりエズラの実写登場が期待されていた。同役には一時、実写版『アラジン』(2019)主演のメナ・マスードが有力視され、マスード本人もSNSで反応していてが、こちらは実現せずとなった。

報道を受け、マスードは自身のTwitterで、「噂が止まることは嬉しい。残念ながら正当な評価を得られなかったわけだけど(先月セルフテープを1本やっただけだ)、自分には合わなかったんだと思う。この人がエズラに激似ってことは否定できないし。うまくやってくれよ!」と胸中を明らかにしている。

エマン・エスファンデは2017年ごろより俳優活動を開始、『ドリームプラン』(20221)などに出演。出演最新作『The Inspection(原題)』がトロント映画祭でのプレミア上映を控えている。

ドラマ「アソーカ」は、これまで「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「反乱者たち」で活躍し、「マンダロリアン」で実写登場を果たしたアソーカ・タノを描く単独シリーズ。実写版のロザリオ・ドーソンが続投する。「反乱者たち」からはサビーヌ・レンも登場予定で、他ヘイデン・クリステンセンがアナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー役で出演することも明らかになっている

あわせて読みたい

Source:Cinelinx,The Hollywood Reporter

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly