Menu
(0)

Search

『ファンタスティック・フォー』キャスト、MCU版リブートに「『ダークナイト』を期待してはいけない」とアドバイス

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
(C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

マーベル・コミックスに登場するスーパーヒーローチームファンタスティック・フォーの実写映画化作品は、ティム・ストーリー監督による『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』(2005)&『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007)、ジョシュ・トランクがメガホンを取ったリブート版『ファンタスティック・フォー』(2015)が製作されている。旧20世紀FOXがディズニーに買収されたことにより、同フランチャイズがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でデビューすることが決定しているが、その新プロジェクトに対してシリーズの元キャストがアドバイスを呈している。

ティム・ストーリー版は2作が製作されたが、トランク版は評価も興行成績も振るわずに終わり、20世紀FOXで続編が誕生することはなかった。2000年代のティム・ストーリー版2作でザ・シング/ベン・グリムを演じたマイケル・チクリスが米Screen Rantのインタビューに応じ、その来たるMCU版について思うところを語っている

「『ファンタスティック・フォー』の本当のトーンと趣きは、ストーリー版がやった通りだと理解してほしいですね。ダークで陰気なトーンは意図されていないし、『ダークナイト』になることも決してないでしょう。そんな風に作ろうとしてはいけないし、そうなることも期待してはいけません。青い瞳の可愛い生き物(ザ・シングのこと)はブルックリン出身で、ドジャースのファンですから。彼らは素敵なファミリーで、それが意図されている道です。映画はハードコアでもダークでも、陰気になる運命でもありません。そう作ろうとしたら失敗するでしょう。

またチクリスは、MCU版で岩のような姿をしたザ・シングを演じる俳優に向けて、「特殊メイクは避けてCGIにしなさい」ともアドバイスしている。

現時点では、MCU版『ファンタスティック・フォー』のトーンやコンセプト、キャストなどは発表されていない。果たして、チクリスが望むように明るめなトーンのリブート作品になるだろうか。監督にはMCU版『スパイダーマン』シリーズのジョン・ワッツが決定している。

Source:Screen Rant

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly