Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』リュダクリス、次は「地底世界に行きたい」【インタビュー】

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

『ワイスピ』がこの夏をアツくする!

世界中の“ファミリー”が待ち焦がれた最新作ワイルド・スピード/ジェットブレイクが、いよいよ2021年8月6日より日本公開となる。コロナ禍で公開延期に見舞われていた『ジェットブレイク』が、ついに日本を駆けるのだ。

『ワイスピ』といえばファミリーのアツい絆が見どころだが、中でもクリス・“リュダクリス”・ブリッジスが演じるテズ・パーカーと、タイリース・ギブソンが演じるローマン・ピアースのコンビのお笑いは『ジェットブレイク』でも炸裂。毎作スケールも緊張感もましていくシリーズの中でも、テズとローマンのふたりはずっと等身大だ。

THE RIVERでは、そんなテズ役を演じたリュダクリスに単独インタビュー。ラッパーとしても有名なリュダクリスは、THE RIVERの質問にノリノリで回答してくれた。ファミリーのアツい絆を感じられる裏話は、ファン必読だ。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ワイルド・スピード/ジェットブレイク』テズ役リュダクリス インタビュー

──こんにちは!

ワッツアップ、メーン!

──ハーイ!日本のTHE RIVERです。お会いできて嬉しいです!

俺もだぜ、メーン!

──覚えていますか?昨年(2020年)、『ジェットブレイク』が宇宙に関係するのではないかという話題について最初にコメントしたのは、あなただったんですよ。インタビューでの回答が、ファンの間ですごく話題になりました。あれって、プロモーションのためにわざと言ったんですか?それとも、本当についつい?

そうだね!覚えてますよ。あれ、トラブルになりました(笑)。宇宙だなんて、ヤバイですよね。

※※リュダクリスは2020年7月に登場した米ラジオ局のインタビューで、「次回作では宇宙が関わるんじゃないか」と尋ねられ、「あなたはとても直感が冴えてますね。だって本当のことをさっき言いましたから」と回答し話題となっていた。

──「今回はクルマで大気圏からぶっ飛んでいく」って知った時、どんなリアクションでした?

めちゃくちゃ嬉しかったですね。知ってくれてるかわからないけど、俺はラッパーとして“リュダクリス”っていう名前を持ってて、ぶっ飛んで、クレイジーで、ワイルドで、“ludicrous(ばかげている)”って意味なんです。だから、何でもエクストリームであってほしい。大気圏からぶっ飛ぶアイデアもめっちゃ気に入りましたよ。こんなエクストリームなことはないし。

──タイリース・ギブソンが演じるローマンとの漫才みたいな掛け合いが大好きなんですが、あれは脚本通りなんですか?それとも現場でアドリブをやっているのでしょうか?

(笑)。俺とあいつは常にアドリブだよ。でも、脚本に書かれていることも、ちゃんと確認してます。いろいろな選択肢を作って、(製作側が)どんな映画にしたいかによって合わせています。だから映画が面白くなる。どんなセリフや面白いジョークが飛び出すか、わからないですからね。

──たとえばマーベル・ユニバースでは人気キャラクターの組み合わせを描くスピンオフドラマが人気です。もしも『ワイスピ』でもドラマが作られたら……

ドラマならもうあるよ!Netflixで製作されているから、観たほうがいい。

※アニメシリーズ「ワイルド・スピード/スパイレーサー」のこと。ドムの従弟の物語が描かれる。

──ですが、実写版ではどうでしょう?テズのスピンオフができるとしたら?

たくさんの人が動かないと実現しない話だよね。俺から言えるのはそれくらいかな。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved…

──今作では、ファンの愛するハンがカムバックを果たします。現場でサン・カンと初めて再会を果たした瞬間のことを覚えてますか?

間違いないね。俺たちの初対面はそのまま劇中に使われているから、マジのリアクションが見れますよ。劇中でやってるハグは、あれマジだから。どれだけ彼のことを思っていたかがわかると思いますし、復帰してくれてマジで嬉しいです。

──ポール・ウォーカーは不在ですが、『ジェットブレイク』を観ると、ブライアンは一緒にいてくれるんだ、と確かに感じることができました。

ポールの娘さんが大きな貢献をされているんです。脚本家や監督、プロデューサーとも色々話し合っています。すごくファミリーって感じ。彼のファミリーが、彼のレガシーを生かし続けて、きちんと戦略的に事を進めている。彼の存在を、みんながちゃんと感じられるようにね。

──『ワイスピ』シリーズはどんどんデカくなっていて、役者やキャラクターの数もどんどん増えていますよね。もちろん自分のキャラクターが一番好きだとは思いますが、テズ以外の好きなキャラクターは誰ですか?

俺の好きなキャラクターは……、うわ、いい質問だな、bro!ヤバいこと言っちゃっていい?(笑)シャーリーズ・セロンのキャラクターだな。悪役だけどね!クレイジーで、イカしてて、最高じゃん。振る舞いも好きだし、パワフルなところも好き。倒されたと思ってたら、倒されてなかったでしょ。ヴィランが好きだなんて、俺が言うことじゃないけどさ、でも流れに逆らって言うよ。シャーリーズ・セロンのキャラクターが好きだ!

──日本の観客としては、日本人キャラクターのアンナ・サワイが活躍することがすごく嬉しかったです。

おお、アンナか!アンナは超才能があって、彼女を迎えられて最高でした。彼女は腰が低くて、可愛らしくて、俺も彼女のエナジーに魅了されちゃいました。向上心があって、人懐っこくてさ。自分の役にも全力投球でしたよ。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

──あなたの役者としてのキャリアを振り返ると、『ワイスピ』は確実にターニングポイントになっていますよね。『ワイスピ』に対して、どんな気持ちをお持ちですか?

この世界で『ワイスピ』に絡んでいるものの全てにはめちゃくちゃ感謝してますよ。超楽しませてもらってますし、俺の大部分を作らせてもらったし、最高な仲間もたくさんできた。一生の思い出がずっと続いてる感じです。

──それにしても、あなたが『ワイルド・スピードX2』(2003)に出演してから、もう20年近く経つだなんて、信じられないですよね。

(目を閉じて、浸るように)ですね。

──これまでの『ワイスピ』の年月の中で、最高の瞬間ってどんな時ですか?

俺がこれまで最高の瞬間だなって思ったのは……、キャストのみんなで誕生日を祝ってる時とか、そういう瞬間かな。たとえば『ジェットブレイク』の撮影中も、ミシェル(・ロドリゲス)の誕生日パーティーをやって、ヴィン(・ディーゼル)の誕生日パーティーもやって。みんなで集まって、バーベキューやって、飲んで、おしゃべりしてさ。スピーチもして、お互いに感謝の気持ちを伝え合うんだよ。それが最高の瞬間ですね。

──うわぁ、映画そのものじゃないですか。リアル・ファミリーだ。

その通り。それを伝えたいってこと。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

──そのファミリーといえば、監督のジャスティン・リンが復帰されましたね。ジャスティン・リンとの再会はいかがですか?

ジャスティン・リンはディティールにめっちゃこだわる人。すごく入念で、ヤバいくらいに几帳面っていうのかな!撮影になるとヴィジョンを持っていて、たくさんいる役者みんなとめっちゃうまくやるんですよね。やること山程あるはずなのに、ぜんぜん取り乱さない。多面的な人ですね。ただ監督するだけじゃないっていうか。

──『ジェットブレイク』では、『ワイスピ』サーガが過去作とも繋がっていきますよね。中でも、『TOKYO DRIFT』のショーンたちが再登場するのがアツすぎます。『TOKYO DRIFT』組との共演はいかがでしたか?

俺にとっても『TOKYO DRIFT』組との共演は嬉しかったですよ。ファンのみなさんにも、『TOKYO DRIFT』組の再登場はずっと待ち望まれていましたからね。シリーズに戻ってくるのか、ずっと気になっていたでしょ。だから良いサプライズになりました。日本勢が歓声と愛を送ってくれたのが感じられます。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

──今作では車がジェットブレイクして、あんなことやこんなことが起こります。次回作ではさらにヤバい展開を期待してしまうんですが……。もしかしたら、デロリアンみたいな車が登場して、タイムトラベルしたりとか?

俺は地底世界に通じるトンネルを走ってみたいかな。『ジェットブレイク』でも車ですごいことをやったからさ、次は地球の核には何があるのかを突き止めたいんだよね。

──『ワイスピ』シリーズが、あと2作で完結するだなんて、ファンとしては信じたくありません。あなたは次の2作、つまり『ワイスピ』がどうやって完結するかについて、なにか聞いていますか?

まだ何も聞いてません。俺たちに対しても、マジでギリギリまで秘密にされてるんですよ。だから、何も知らないんですよ。

──世の中ではまだコロナ禍が続く中、今作のような大スケールの映画が劇場公開される意義は大きいですよね。

今はストリーミングがあるから、家で観られる映画もありますよね。家から出なくたって、新作映画が観られる。むしろ、家から出ないと観られない映画のほうが少ない。でも映画館で知らない人たちと映画を観ると、エネルギーを感じられるでしょ。『ワイスピ』もそういうシリーズ。だから、また映画館に戻って欲しいですね。俺らブチかましてるから。

──それでは最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。日本は、『ジェットブレイク』が公開される最後の国々のひとつなんです!

日本のファンのみんな!ウィー・ラブ・ユー、アイ・ラブ・ユー!8月に、また再始動した映画館で公開されるのが待ちきれません。コロナ禍だから、みんな安全にな!『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』絶対観てくれ!

リュダクリス演じるテズも相変わらず絶好調、ローマンとの爆笑掛け合いも楽しい『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2021年8月6日(金)全国ロードショー。THE RIVERでは、ミア役ジョーダナ・ブリュースターへの単独インタビューも掲載中だ。

ミア役ジョーダナ・ブリュースターへの取材

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly