Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に復帰の『TOKYO DRIFT』俳優、自分のキャラクターを覚えていなかった

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

『ワイスピ』最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』には、シリーズのファンにとって胸アツな3人が帰ってきた。東京が舞台となった第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)に登場したショーン、トゥインキー、アールだ。時系列では『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)の後だった『TOKYO DRIFT』からは実に15年ぶりの再登場とあり、高校生役だった俳優たちもずいぶんと大人びた。

『ワイスピ』は第4作以降、ドムやブライアンらの物語に再びシフトし、第8作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)まで続いてきたが、いよいよ『ジェットブレイク』でシリーズのスピンオフ的立ち位置であった『TOKYO DRIFT』と再接続を果たした。もっとも、15年間という空白期間は復帰するキャストには長すぎたようで、なかには演じたキャラクターを覚えていなかった人もいたようだ。

その人物が、アール役を再演したジェイソン・トビンだ。正直なところ、このアールというキャラクターに愛着を感じている、もしくは感じていた方は少ないのではないかと思う。『TOKYO DRIFT』で、アールは主人公ショーンの“いち友人”として登場。テクノロジーに強い一面も見せ、ショーンのドリフト練習にも付き合っていたが、そこまで目立つキャラクターではなかった。

Los Angeles Timesでは、アール役を再演したジェイソン・トビンが、ジャスティン・リン監督からオファーされた時に自分が取った“ファースト・リアクション”を明かしている。「アールって誰ぇ!?(who the f— is Earl!?」。これが、トビンの口からとっさに出た言葉だったという。

「『TOKYO DRIFT』から『ジェットブレイク』までは14年間の空白があって、その間に僕も俳優としての浮き沈みを経験しました。夢からはものすごく遠いところにいると感じていた時期もあって。まさかこのフランチャイズに戻れるなんて、一度も考えたことはなかったですよ。」

予期せぬオファーに驚いたトビンだったが、復帰への道を作ってくれたのは間違いなくジャスティン・リン監督だ。トビンとリン監督は、2002年公開の『Better Luck Tomorrow(原題)』で初タッグ。『TOKYO DRIFT』を経て、ふたりは2019年にブルース・リー原案のドラマ「ウォリアー」で再び仕事を共にするなど、その関係は現在まで続いているのだ。

『ジェットブレイク』では出番も増え、なんとロケットエンジニアとして活躍しているアール。ドムたちのミッションに必要不可欠な役割を担った。ショーン、トゥインキーとあわせて、これからの活躍にも期待したいところだが、演じたトビンは迎え入れてくれた『ワイスピ』ファミリーに感謝を伝えている。

「予告編が公開された時、僕は驚きました。僕を覚えてくれていたファンがどれだけ多かったかということに。いろんな人にメッセージもいただいて。僕のキャラクターがこういう人たちにとってどれだけ大切だったかに初めて気付かされました。」

Source: Los Angeles Times

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly