Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ファルコン役アンソニー・マッキーはキャプテン・アメリカ役を継ぐか

anthony mackie アンソニー・マッキー
Public Domain https://www.flickr.com/photos/lbjlibrarynow/26359490693/

一人たりとて欠かせぬ活躍や立ち回りを見せるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)において、演じる役者たちの出演契約の都合上、大変動が予測されている。MCUにおける”フェーズ1″の頃よりキャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスも、今後の進退に大きな注目が集まる一人だ。

既に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)続編となる2019年公開予定『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は撮影を終えている。クリス本人は2018年3月22日付の米The New York Times紙にて『アベンジャーズ』第4作をもってMCUに復帰する計画はないこと、「追い出される前に電車を降りたい」発言したことが伝えられていた


キャプテン・アメリカは、強い個性を持つスーパーヒーローらが集結する『アベンジャーズ』において精神的支柱となる存在。クリスが卒業するとなれば、その後任を誰が務めるのだろうか?

原作でキャップ襲名のファルコン

原作コミックでは、ファルコンがキャプテン・アメリカを襲名するんですよね。」──2018年4月米放送のGood Morning America収録スタジオにおいて、こんなやりとりが見られていた。この日、スタジオにはファルコン/サム・ウィルソンを演じるアンソニー・マッキーがゲスト出演していたのである。「コミックでは、そうですね。二度もね」と拾ったアンソニーに、スタジオ陣は「ということは?」と追う。

その通り、原作コミックにおいてファルコンはキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースが死を遂げた後、二代目としてキャプテン・アメリカを継いでいる。むろん、こうしたコミックでのエピソードが今後のMCUに反映されるかどうかは、単なる可能性のひとつ。アンソニー・マッキーもスタジオではこういったコミックはお気に入りである、と答えることで質問を交わしていた。

襲名したら「ファルコンがいなくなっちゃう」

アンソニー・マッキーは、これより以前にも映画でのキャプテン・アメリカ襲名について言及していたことがある。2017年5月にアメリカ・オハイオ州で開催されたWizard World Comic Conに登場したときのことだ。ここで「もしも自分がキャプテン・アメリカを襲名するとしたら」との話題を振られた際、謙遜しながらも興味を語っている。

クリス・エヴァンスがキャプテン・アメリカ役としてパーフェクトなので、彼みたいに演じられる他の役者が思い浮かびませんね。でも、僕が(二代目キャプテン・アメリカを)やるというアイデアは好きですよ。クリスにセバスチャン(・スタン)、スカーレット(・ヨハンソン)が『キャプテン・アメリカ』の世界に永遠に名を刻む。すごく楽しいでしょう。」

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

また、「別に新しいキャップが必要だとも、キャップ役が変わるべきだとも思いませんが」、と断りを入れた上で、「(ウィンター・ソルジャー/バッキー役の)セバスチャン・スタンだったら、良いキャップになれると思う。でも、そうしたらバッキーがいなくなっちゃうよね。僕だって、良いキャップになれると思うんですよ。でも、そうしたら今度はファルコンがいなくなっちゃうでしょ」と悩ましい答えも繰り出していた。

アンソニー・マッキー自身が言うように、もしもサム・ウィルソン/ファルコンが映画でキャプテン・アメリカの名を継いでしまっては、バッキーとは絶妙なやりとりを交わし、あくまでスーパーパワーを持たぬ軍人出身でありながら、『ブラックパンサー』同様アフリカ系の誇りを翼に羽ばたく、勇敢なるファルコンの存在が空いてしまう。来る『アベンジャーズ』第4作以降のファルコンの引き続きの活躍を祈りながら、キャプテン・アメリカの座の行方を楽しみに追いたいところだ。

Source:GMA,Comicbook.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly