Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」新情報、エージェント13と『シビル・ウォー』悪役ジモが登場へ ─ 全6話構成、2020年8月配信

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
©Marvel Studios / Supplied by LMK / 写真:ゼータ イメージ

ディズニー映像配信サービス「Disney+」にて配信される、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(邦題未定、原題:The Falcon and The Winter Soldier)」の新たな情報が入ってきた。

Deadlineによると、本作には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でシャロン・カーター/エージェント13役を演じたエミリー・ヴァンキャンプ、ヴィランのヘルムート・ジモ役を演じたダニエル・ブリュールが出演交渉に入ったとのこと。シリーズは全6話構成で、2020年8月に米国にて配信される

エミリー・ヴァンキャンプ
エミリー・ヴァンキャンプ Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9361332253/
ダニエル・ブリュール
ダニエル・ブリュール Photo by Elena Ringo https://commons.wikimedia.org/wiki/File:7_Days_in_Entebbe_-_Daniel_Br%C3%BChl,_Rosamund_Pike,_Omar_Berdouni_-_Press_Conference.jpg Remixed by THE RIVER

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は、アンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソン/ファルコンと、セバスチャン・スタン演じるジェームズ・“バッキー”・バーンズ/ウィンター・ソルジャーを主人公とする単独ドラマ。報道では、やはり『アベンジャーズ/エンドゲーム』以後を描くストーリーになると伝えられている。

では、『シビル・ウォー』で大きな役割を担うも『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『エンドゲーム』に登場しなかったエージェント13は、サムとバッキーの物語にどう関わるのか。またアベンジャーズを分裂させた、MCU史上もっとも“普通の人間”である悪役ジモは、いかなる形でMCUの表舞台に戻ってくるのか。ストーリーの面においても、充実した俳優陣という意味においても、本作にはさらなる厚みが加わることになりそうだ。




このたび監督への就任が決まったのは、「ウォーキング・デッド」「ハウス・オブ・カード」「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」など多数のテレビドラマでエピソード監督を務めてきた、女性監督のカリ・スコグランド。映画の世界でも、ウェズリー・スナイプス主演『スナイパー』(2002)、ジム・スタージェス&ベン・キングズレー主演『インファナル・ミッション テロ組織潜入スパイの真実』(2008)といった硬派なスリラー映画を手がけてきたクリエイターだ。

なお既報の通り、脚本は「Empire 成功の代償」(2015-)のマルコム・スペルマンが執筆。脚本家と監督の組み合わせから察するに、もしや意外とハードコアな作品になる…? なお『シビル・ウォー』『インフィニティ・ウォー』を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ監督は本作に関与していない

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(邦題未定、原題:The Falcon and The Winter Soldier)」は、ディズニーの映像配信サービス「Disney+」にて2020年8月に米国配信予定。同サービスの海外展開情報が待たれる。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly