Menu
(0)

Search

ロキ、バッキー&ファルコンら『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の映画にも登場か ─ マーベル社長が示唆

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
©Marvel Studios / Supplied by LMK / 写真:ゼータ イメージ

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を経て、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は大きな変化を遂げる。2020年以降の映画ラインナップはまだ明かされていないが、すでにマーベル・スタジオは複数の企画を発表済み。それはディズニーの新映像配信サービス「Disney+」向けに製作される、おなじみのキャラクターによるスピンオフ・ドラマである。

このたび米Varietyの取材にて、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長の口から重大発言が飛び出した。どうやら「Disney+」のドラマ作品は、キャラクターたちの“再登場”に向けての布石のようなのだ。

マイティ・ソー バトルロイヤル
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ドラマから映画へ、キャラクターの成長描く?

2019年4月19日現在、マーベル・スタジオは、トム・ヒドルストンがソーの弟ロキを再演する「ロキ(邦題未定、原題:Loki)」、バッキー・バーンズとサム・ウィルソン/ファルコンのバディもの「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(邦題未定、原題:The Falcon and The Winter Soldier)」、そしてMCU最強のスカーレット・ウィッチ&ヴィジョンの関係に迫る「ワンダヴィジョン(邦題未定、原題:WandaVision)」を正式に発表している。報道によれば、ホークアイの“継承”を描くドラマも企画されているという。

かねてよりケヴィン社長は、これらの作品がMCUの映画作品と深いつながりを持つことを明言していた。その“つながり”は、どうやら予想を上回るものとなりそうだ。「これらのエピソードは、とても大々的に映画と関係していきます。私たちが取り組み、深めるストーリーテリングとしては完全に新しい形式です」。そして、ケヴィン社長はこう付け加える。

「映画でキャラクターを演じてきた俳優たちが、それぞれ6話、8話、10話の物語に登場します。彼らはそれぞれのイベント・シリーズの中で変化し、進化し、成長する。そうした変化が、次に映画に登場する際に反映されるんです。」

すなわち、ロキやバッキー&ファルコン、スカーレット・ウィッチ&ヴィジョンといったキャラクターは、『エンドゲーム』後に発表されるMCUの映画作品にも登場するということだろう。それぞれのドラマは、映画にて実現できなかったキャラクターの物語を濃密に描きつつ、再び登場人物を映画へ送り込むものになるとみられる。「映画」「ドラマ」の境界が薄らいできたハリウッドにおいて、マーベルは「映画ならでは、ドラマならでは」という発想ではなく、「MCUならでは」のストーリーテリングを模索しているのかもしれない。いや、もとよりMCUはそうした取り組みを続けてきたのだというべきか。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
DISNEY/MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ




「Disney+」でのドラマ製作にあたり、トム・ヒドルストンやセバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニーといった出演者たちは、ストリーミング作品で自身の役柄を再演することを快諾したそう。しかし、ケヴィン社長は「実は心配していたんです」と述べている。

「(出演を引き受けてもらうため)なぜ私たちがストリーミングに魅力を感じているのか、なぜこれが最高のシナリオなのかを長々と説明する準備はできていました。だけど、みなさんはすぐに“やるのなら出ますよ”と言ってくれて。とても大きな責任を感じます。私たちは時々、完成した脚本ではなくアイデアをもとに、俳優の方々に契約をお願いすることがあります。それでも出てくださるのは、私たちのことを信頼してもらっているから。そのことを軽く捉えるわけにはいきません。」

ディズニーによる新映像配信サービス「Disney+」は、2019年11月12日に米国でのサービスが開始される。2019年4月17日現在、マーベル・スタジオによるドラマ作品の配信時期はすべて不明だ。

「Disney+」詳細はこちら

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly