Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」に『ジョン・ウィック』脚本家が参加 ─ 鮮やかなアクションに期待、硬派なクリエイターが集結中

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
©Marvel Studios / Supplied by LMK / 写真:ゼータ イメージ

ディズニーの新ストリーミング・サービス「Disney+」にて配信される、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(邦題未定、原題:The Falcon and The Winter Soldier)」に、『ジョン・ウィック』シリーズの脚本家デレク・コルスタッドが参加していることがわかった。米The WrapColliderが報じている。

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は、アンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソン/ファルコンと、セバスチャン・スタン演じるジェームズ・“バッキー”・バーンズ/ウィンター・ソルジャーを主人公とする単独ドラマ。『アベンジャーズ/エンドゲーム』以後を描くストーリーとなり、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)シャロン・カーター/エージェント13役のエミリー・ヴァンキャンプ、ヘルムート・ジモ役のダニエル・ブリュールが出演交渉中とも報じられている


このたび本作の脚本に携わっていることが判明したデレク・コルスタッドは、キアヌ・リーブス主演のスタイリッシュアクション『ジョン・ウィック』シリーズを第1作から手がけ、最新作『ジョン・ウィック/パラベラム』(2019年10月公開)でも脚本を執筆。人気アクションゲーム『ジャストコーズ(Just Cause)』シリーズの映画化企画や、『パージ:エクスペリメント』(2019)ジェラード・マクマリー監督の新作映画『Booker(原題)』でも脚本を担当している。ハードなアクションを得意とする書き手ゆえ、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でも鮮やかなアクションシーンに期待したい。

既報によると、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の脚本家に就任していたのは「Empire 成功の代償」(2015-)のマルコム・スペルマン。全6話構成となる本シリーズにおいて、マルコム&デレクがエピソードを分担して執筆しているのか、それともデレクが脚本家ルームの一員としてのみ参加しているのかは分からない。

監督は「ウォーキング・デッド」「ハウス・オブ・カード」「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」など多くのドラマでエピソード監督を務めてきたカリ・スコグランド。ウェズリー・スナイプス主演『スナイパー』(2002)、『インファナル・ミッション テロ組織潜入スパイの真実』(2008)などのスリラー映画も手がけている。『シビル・ウォー』などで見られたファルコン&バッキーの印象からは意外にも思えるほどの硬派なクリエイターが揃いつつあるが、果たしてマーベル・スタジオの狙いは?

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(邦題未定、原題:The Falcon and The Winter Soldier)」は、ディズニーの映像配信サービス「Disney+」にて2020年8月に米国配信予定

ジョン・ウィックさん(キアヌ・リーブス)のMCU合流、実現するかな

Sources: The Wrap, Collider, Deadline(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly