Menu
(0)

Search

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」8月米配信を断念か、Disney+ラインナップにタイトルなし

アンソニー・マッキー セバスチャン・スタン
(The Walt Disney Company/Image Group LA) ANTHONY MACKIE, SEBASTIAN STAN

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題:The Falcon and the Winter Soldier)」について、告知されていた2020年8月の米国配信開始が見送られる可能性が高まっている。

2020年7月16日(米国時間)、ディズニーはDisney+の8月米国配信ラインナップを公開。しかし、2020年1月に「8月配信」と発表されていた「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のタイトルは一覧に掲載されていなかった。今後、ラインナップに改めて追加される可能性は否定できないが、現状のまま進行する場合、配信スケジュールが変更されることになりそうだ。

もっとも、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は以前より配信の延期が危惧されていた作品だ。本作は2019年10月に撮影が始まっていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年3月中旬に製作を中断、製作チームはロケ地のチェコ・プラハを離れていた。撮影は終盤に入っていたともいわれるが、本記事掲載時点で撮影は完了しておらず、またエピソード順に撮影が行われてきたかどうかも定かではないのである。

既報によると、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の撮影は、早ければ8月にも米パインウッド・アトランタ・スタジオズにて再開予定。秋にはチェコ・プラハに戻っての撮影も実施されると報じられているため、最も遅れる場合、作品がすべて完成してからの配信開始も考えられる。MCUのドラマシリーズは、2020年12月に「ワンダヴィジョン(原題:Wandavision)」の米配信も予定されており、もしも「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の配信が延期される場合、その後のスケジュールも気にかかるところ。続報の到着が待たれる。

あわせて読みたい

Source: Disney+

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly