Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』ハンは脚本にないキャラクターだった ─ きっかけは『TOKYO DRIFT』ショーン役のオーディション

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

ワイルド・スピード』シリーズ屈指の人気キャラクター、ハンを演じるサン・カンにまつわる裏話が到着した。初登場を飾った第3作『ワイルド・スピードx3 TOKYO DRIFT』(2006)のオーディション時、サン・カンはハンではなくショーン役のオーディションを受けていたのだという

最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で奇跡の復活を果たすサン・カンは、米Entertainment Weeklyの取材に応じた。ここで『ワイスピ』との出会いを明かしたサンは、ジャスティン・リン監督とのひとときを振り返っている。「『TOKYO DRIFT』の話が持ち上がってきた当時、監督は僕と『Better Luck Tomorrow(原題)』のキャスト何人かに電話をかけて、ランチに誘ってくれました」。サンが言及する『Better Luck Tomorrow』とは、2002年にリン監督が単独で手がけた初の長編映画のこと。同作には、サンがメインキャストとして参加しているほか、『TOKYO DRIFT』でアール役を演じたジェイソン・トビンも出演した。

サンによれば、リン監督はこのランチの場で『TOKYO DRIFT』の監督に抜擢されたことを伝えたという。しかし目的はそれだけではなかった。「彼は、僕と他の俳優たちに、その映画(『TOKYO DRIFT』)に僕たちのための役が無いことを教えてくれたんです」とサン。当時、無名であったサンたちにも、リン監督は包み隠さず情報を共有してくれたというのだ。それではなぜ、サンはオーディションにこぎつけることが出来たのだろうか。

「それからジャスティンが僕に電話をくれました。“ショーン・ボズウェルっていうキャラクターのオーディションに来て、台本読みに参加してみないか?もうキャスティングは決まっているんだけど、キャスティング・ディレクターに会うだけでも将来役に立つと思うんだ”って。それで、僕は参加して台本を読みました。すごく楽しかったです。」

このリン監督の好意が、サンのキャリアを変えることとなった。「数週間後、ジャスティンから電話がありました」と当時を思い起こすサンは、監督から「フェニックスという名のヒップホップアーティスト」を演じるチャンスがあると告げられる一方で、「アジア系アメリカ人のキャラクターを採用できないだろうか?」とも伝えられたそう。このキャラクターこそ、のちにハンとして知られることになる。サンによれば、ハンは脚本に「最初から書かれていたキャラクターではなかった」というが、サンへの打診がきっかけで最終的に発展していったという。

ちなみに、脚本に含まれていなかったサンのキャラクターがハンと名付けられたのには、『Better Luck Tomorrow』が関係している。同作でサンは「ハン・ルー」という役を演じているのだ。事実、リン監督は2016年当時、『Better Luck Tomorrow』のハンを意識して『TOKYO DRIFT』のハンを作り上げていったことを認めている

Source: Entertainment Weekly(1,2

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly