Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』サイファー役シャーリーズ・セロン主演のスピンオフが進行中か

© Universal Pictures

『ワイスピ』最強の敵として、第8作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)で初登場を果たしたシャーリーズ・セロン演じるサイファー。最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で再び姿を見せる。

『ジェットブレイク』でのサイファーの再登場の仕方には注目が集まりそうだが、公開に先がけて気になる情報が到着している。サイファーを主人公とするスピンオフ作品が水面下で企画されているというものだ。

Varietyのマーク・カルキンは、ヴィン・ディーゼルとの取材で「セロンが演じるキャラクターのためのスピンオフを執筆している脚本家たちがいると伝えられた」と述べている。これ以上の詳細は記されていないが、これが事実であれば、同企画がプリプロダクション(撮影前準備)に入っていることも考えられる。

現在、『ワイスピ』から発表されている新たなスピンオフ作品は、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)の続編映画と、女性キャラクターを主人公とする作品の2つのみ。考えられることとして、後者の企画とサイファーのスピンオフが同一である可能性は拭いきれない。2021年6月下旬には、米トーク番組に出演したシャーリーズが、女性スピンオフ作品について「何も聞いていない」としながらも、「ボウルカットの相棒が必要なら、私は空いてますよ」と意欲を見せていたこともあり、謎はさらに深まる。いずれにせよ、まずは『ジェットブレイク』での展開を見たいところ。

サイファーは、地下犯罪組織に広いコネクションを持つサイバーテロリストとして、ドムらファミリーを追い詰めた。過去については謎に包まれたことが多く、描くべきストーリーはたくさんありそうだ。メインシリーズが全11作で完結することもあり、今後の『ワイスピ』を担うキャラクターになるかもしれない。

あわせて読みたい

Source: Variety,The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly