Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』テズ&ローマンのスピンオフ、提案されるも断り続けてきたタイリース・ギブソン

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

ワイルド・スピード』シリーズ屈指の名コンビ(?)で知られるローマン・ピアースとテズ・パーカー。ともに第2作『ワイルド・スピードX2』(2003)でシリーズ初登場を飾ったが、以前からふたりを主人公にしたスピンオフ企画が提案されていた。しかし、ローマン役のタイリース・ギブソンは、このスピンオフ案を断り続けていたのだという。いったいその理由とは……。

『ワイスピ』のスピンオフといえば、ドウェイン・ジョンソン演じるホブスとジェイソン・ステイサム演じるショウの凸凹コンビを主役に据えた『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)。もっとも、現在は女性キャラクターによる女性スピンオフ映画も企画されており、ユニバースの更なる拡大が期待されている。

そんな中、米Entertainment Weeklyより「テズとローマンのスピンオフはどうでしょう?」と訊かれたタイリースは「何度か話し合いの場があったんです」と水面下で企画されていたことを認めた。しかし、直後に「ずっと断り続けてきました」と明かしたのだ。

「僕は自分に関するフランチャイズ(スピンオフ)を作りたくないんです。ドミニク・トレットの財産は彼のもので、だからこそ『ワイルド・スピード』は上手くいくんです。誰もが色んなキャラクターのアイデアを出そうとしますが、ローマンとテズのスピンオフをやるといっても、ドミニクというキャラクターがいなければ何も跳ね返らせるものが無い。もし誰かがローマンとテズの映画を見たいと言うならばそれは良いことです。ただ、僕が自分の『ワイルド・スピード』を作ると決意していないのにどうやってやるんだというように、頭の中で処理しきれなかったんです。」

タイリースの言うように、ローマンやテズはヴィン・ディーゼル演じるドミニクを助けるためにこれまで動いてきた。ホブスやショウとは違い、ファミリーの絆で結ばれている以上、ローマンとテズを描く物語には、必然的にドムの存在が切っても切れないということだろう。

とはいえ、もしものふたりのスピンオフが作られるなら、どんな物語が思い浮かぶだろうか。思えば、第2作でブライアンの紹介によりマイアミで出会ったローマンとテズは、今でこそ息ピッタリな掛け合いを見せているが、最初からそのような関係にあったわけではない。第2作以降、ふたりは第5作『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)まで姿を見せていないこともあり、いわゆる前日譚という位置づけでローマンとテズの友情の萌芽が描かれば、メインストーリーへの深みも増すはずだろう。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly