Menu
(0)

Search

『ワイスピ10』ドムのおばあちゃんが初登場へ ─ 『ウエスト・サイド・ストーリー』の大女優リタ・モレノ出演決定

ヴィン・ディーゼル
https://www.instagram.com/p/Cd8VHBCDeNj/

ワイルド・スピード』シリーズ最新作『FAST X(原題)』で、ヴィン・ディーゼル演じるドミニク・“ドム”・トレットのグランマ(祖母)が初登場を果たすことがわかった。演じるのは、映画『ウエスト・サイド物語』(1961)のアニタ役などで知られるリタ・モレノ。ヴィンが自身のInstgramで直接発表した。

『FAST X』は撮影6週目に突入している。このタイミングでヴィンが投稿した動画では、ドムの祖母が登場することが発表された。ヴィンとレティ役のミシェル・ロドリゲスと共に映る右側の女性がモレノ本人。ヴィンが「リタ・モレノと一緒にお仕事することは僕の夢でした。おとぎ話のようです」と話すと、モレノが「昔の私は、お誘いをずっと待ってました。それで今はここにいます。もちろんお誘いの返事はイエスですし、すごく嬉しいです」と参加の喜びを語っている。

この投稿をInstagramで見る

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿

御年90歳となるモレノの『ワイスピ』参加は示唆されていたことでもあった。前作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)公開前の2021年6月下旬、ヴィンは「トレット家の母を出す前に、まずはアブエラ(スペイン語で“祖父母”の意)です。その役については、リタ・モレノとワクワクしながら話しているところです」と語っていたのだ

まさに有言実行でのキャスティングとなったドムの祖母役だが、『ジェットブレイク』ではドムの父親が物語のキーパーソンとなったこともあり、どのような役割で登場するのかは気になるところ。また、ヴィンは以前、名優マイケル・ケインの出演も希望していたが、もしかすると祖父もあわせて登場という展開もあるかもしれない。

映画『FAST X(原題)』は、2023年5月19日に米国公開予定。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly