Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』第10&11作、2022年1月に撮影開始へ ─ ヴィン・ディーゼル、名優マイケル・ケインのカメオを希望

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ワイルド・スピード』シリーズの完結2部作となる第10&11作が、2022年1月より撮影開始となることがわかった。主演・製作を務めるヴィン・ディーゼルが明かしている。

第10&11作は、2001年から続いてきた『ワイスピ』の集大成。現在は、最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』がコロナ禍以降最大のヒットを記録し、世間を賑わしているが、水面下では第10&11作の製作も進められてきた。

このたび、米Regalの取材に応じたドム役のヴィン・ディーゼルは、撮影開始時期について「『ワイスピ10』は(2022年)1月に行うのでしょうか?」と聞かれると、「サーガのフィナーレとなる『ワイスピ10』のパート1とパート2(第10&11作)は、1月にやりますよ」と返答。以前、出演者のローマン役タイリース・ギブソンが、第10&11作の撮影が連続で実施されることを明かしていたが、プロデューサーであるヴィンの口からも確認が取れた形だ。

2022年1月に撮影開始というと、現在はプリプロダクション(撮影前準備)が進められているのだろう。スタートまで約半年に迫っているため、キャスティング作業も実施されている可能性は大いにある。

『ジェットブレイク』では、WWE所属のプロレスラーとして知られるジョン・シナや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのヨンドゥ役などで知られるマイケル・ルーカーをファミリーに迎え入れた『ワイスピ』。完結2部作ということで、フィナーレを彩るキャストに注目が集まる。

ところで、ヴィンは“完結2部作でカメオ出演させたい役者は?”という米Digital Spyからの問いに、名優マイケル・ケインの名を挙げていた。ヴィンは『ラスト・ウィッチ・ハンター』(2015)でケインと共演したことを踏まえて、「彼とはご一緒させてもらって、すごくありがたかったです」と話している。以前、ブライアン役を演じた故ポール・ウォーカーの娘メドウの出演も匂わせていたヴィンだが、「『ワイスピ10』で誰がやって来るのか、待っててください」とだけ伝えた。

あわせて読みたい

Source: Regal,Digital Spy

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly