Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード10』に『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン参戦へ ─ ヴィン・ディーゼル発表、ヒーロー俳優が続々と集結

ヴィン・ディーゼル Instagram
https://www.instagram.com/p/CcJ-Yw0rCqd/

『ワイスピ』シリーズ最新作ワイルド・スピード10(仮題)』に、『キャプテン・マーベル』(2019)などで知られるブリー・ラーソンが出演することが決定した。主演・製作のヴィン・ディーゼルが、Instagramで発表している。

この投稿をInstagramで見る

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿

「さあ、さあ、さあ…。僕の肩越しにくしゃくしゃに笑う天使が見えるでしょう。“キャプテン・マーベルじゃないか”と自分に問いかけているはずです。この画像には愛と笑いが明らかにあります。そしてここに無いのは、『ワイスピ10』で披露されることになるキャラクター(の面影)です。彼女がこの神話の中で、どれだけ色褪せず、素晴らしい存在なのかは想像もできないでしょう。彼女の美や知性、そしてオスカーも超えて……ハハ。この深遠なる魂は想像を絶するような、それでいて待ち望んでいた何かをもたらしてくれるはずです

ブリー、ファミリーへようこそ。」

※ブリー・ラーソンは『ルーム』(2015)でアカデミー賞主演女優賞を獲得している。

ブリーは、『アクアマン』シリーズのジェイソン・モモア、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)のダニエラ・メルシオールに続き、3人目の新キャストとなる。偶然にも、3人ともヒーロー作品の俳優として知られているが、特にブリーはヴィン・ディーゼルと同じくマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に出演しており、『ワイスピ』でのMCUキャストのタッグに期待が高まる。

ところで、『ワイスピ』の新キャストがヴィンによって直接発表されたのは、前作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)のジョン・シナ以来。シナはヴィン演じるドミニク・トレットの弟ジェイコブを演じた。この“特別待遇”を受けた俳優は少なく、もしかするとブリーもドムにとって特別なキャラクターを演じることになるのかもしれない。

映画『ワイルド・スピード』第10作(タイトル未定)は2023年5月19日に米国公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly