Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」最終話ラストの仕掛け、別案も検討されていた ─ バッキー・バーンズの現在地、脚本家が語る

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズファルコン&ウィンター・ソルジャー(2021)は、とある仕掛けとともに物語の幕を閉じた。この仕掛けは観る者を感嘆させたが、同時に、一部からは“ひとつの疑問”を生んだのである。

脚本・製作総指揮のマルコム・スペルマンは、この仕掛けに別のアイデアが検討されていたことを認めている。その裏側には、脚本家としての物語やキャラクターに対する解釈があった。

この記事には、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」第6話『世界はひとつ、人はひとつ』のネタバレが含まれています。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly