Menu
(0)

Search

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」本当の悪は政府の作り上げる環境か ─ ホアキン・トレス役が明かす

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」も残すところ最終回のみとなっている(本記事時点)。さまざまなヴィランが登場する中、米軍の若手兵士ホアキン・トレスにふんするダニー・ラミレスいわく、本当の悪は彼らではなく政府が作り上げる環境にあるのだという。

この記事には、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のネタバレが含まれています。

ファルコン&ウィンター・ソルジャー
© 2021 Marvel

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)から6ヶ月後を舞台とする本作は、ファルコン/サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)とウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が、キャプテン・アメリカの意思を継承し、世界を悪から守るべく陸空を駆け巡る姿を描く物語。ヴィランとしては、謎の武装集団「フラッグスマッシャーズ」、2代目キャプテン・アメリカことジョン・ウォーカーなどがいるが、いずれも様々な事情や大きすぎる責任感が災いして悪に染まっている人物たちだ。

Screen Rantのインタビューにてラミレスは、「本当の悪は誰なのか?」と問われたところ「難しいですね」と答えている。軍のことを想い愛し、政府のために戦ってきたものの、公衆の前での敵の惨殺をきっかけに不名誉除隊となってしまったウォーカーには、「少し共感もできます」という。それはウォーカーが政府が作り上げた環境の産物であり、そこに裏切られてしまった存在だからとのことだ。

「ヴィランには様々な事情があるのでしょう。ただ、システムに非があるのかというと、それはそれで難しい問題です。僕自身としては、このような状況を作り出したのは政府にあると考えていますが、一方で、指パッチンされて、戻ってくるという背景もありますよね。」

政府による社会の分断を恨み、国境なき世界を目的とする組織「フラッグスマッシャーズ」、そして信頼していた政府に裏切られて闇落ちしてしまったジョン・ウォーカー。果たして、このまま暗い道を歩み続けてしまうのだろうか。「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の運命の最終話は、2021年4月23日に、Disney+(ディズニープラス)にて配信だ。

Source:Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly