Menu
(0)

Search

ファンタビ2『黒い魔法使いの誕生』ダンブルドア特集 ─ ジュード・ロウ好演 ニュートやグリンデルバルドへの愛情、今後の展開

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Wizarding WorldTM Publishing Rights © J.K. Rowling. © 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第2作ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018)には、魔法ワールドの過去・現在・未来をつなぐキーパーソンが満を持して登場する。のちのホグワーツ魔法魔術学校の校長、アルバス・ダンブルドアだ。『ハリー・ポッター』シリーズではリチャード・ハリスとマイケル・ガンボンが演じたが、こちらでは若き日の姿をジュード・ロウが演じている。

ダンブルドア役にジュード・ロウが選ばれた理由、原作・脚本のJ・K・ローリングがジュードに語ったという秘密、ジュードによるダンブルドア像の解釈、そして今後の役割……。本記事ではあまたの情報を集約して、シリーズの鑑賞や考察に役立つ“ダンブルドア先生の教科書”としたい。

ジュード・ロウとダンブルドア

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ジャパンプレミア
©THE RIVER

「ジュードを選んだ理由のひとつは、ジュードが『ハリー・ポッター』映画のダンブルドアと同じ性質をたくさん持っていたから」。2017年11月、こう語ったのは『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズのプロデューサーであるデヴィッド・ハイマンだ。「自信、目のきらめき、時に少し曖昧なところ。しかし若いエネルギーと喜びもある。[中略]愛される教師、並外れた魔法使いである説得力を理解してもらえると思います」

のちにジュードは、『ハリー・ポッター』シリーズの原作者であり、『ファンタビ』シリーズでは脚本も手がけているJ・K・ローリングから、撮影前にダンブルドアというキャラクターについて詳しく聞かされたことを明かした「(ダンブルドアの)背景をまるごと教えていただき、若いダンブルドアの今後についての希望もお聞きしました。それで自分の進む道がわかったんです」。こう述べるジュードは、「彼女に言われたとおりに演じました」とさえ言っているのだ。

過去にローリングは、ダンブルドアが同性愛者であること、悪の道に堕ちる以前のグリンデルバルドと恋仲だったと語っていた。ジュードも「ダンブルドアはゲイだと思う」と肯定し、『黒い魔法使いの誕生』でジョニー・デップが演じたゲラート・グリンデルバルドとの関係性は「ダンブルドアという人物や、彼の目的が何かを示すもの」だと説明している。

「ダンブルドアが多くの人間に全身全霊を捧げてきた人間だとは思いません。(グリンデルバルドとの)関係は彼を動揺させ、彼の心を氷づけにした。そして実際のところ、誰もその氷を溶かせなかったんです。」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

ダンブルドアの過去に横たわるグリンデルバルドとの関係性は、そのままダンブルドアにとっての“闇”だ。その延長線上には、ダンブルドアという人物の割り切れなさがある。ニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメインはダンブルドアを「人を操る者」といい、ジュードは「人を指導する者」だといい、そしてプロデューサーのデヴィッド・ハイマンは「ご存知の通り、ダンブルドアはパペット・マスター(=人形遣い)」だと述べた

「ダンブルドアには悪魔がいる。ダークサイドがある。事実、ダンブルドアとグリンデルバルドは非常に近しい存在なのです。彼は、グリンデルバルドのことを邪険にできないんですよ。彼を愛していた。本作ではその愛に触れる程度ですが、これからディープになっていきます。」

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

ハイマンは、ダンブルドアがハリー・ポッターだけでなくニュートを操っていることも指摘する。ダンブルドアは、グリンデルバルドやハリー・ポッターだけでなくニュートをも愛しているのだ。ジュードはJ・K・ローリングから、「ダンブルドアがニュートを愛しているのは、ニュートが魔物を愛しているから」だと聞かされたと証言した「ダンブルドアは自分を魔物だと思っています。自分には闇があるし、起こらなければいいと願ったことを見てきたし、時には自分自身がやってきた。いつでも彼は、倫理の正しい面へ自分を引き戻そうとしています」

ちなみに『ハリー・ポッター』シリーズでルーナ・ラブグッドを演じたイヴァナ・リンチは、ジュードがダンブルドアの“操作癖”を見事に表現していると絶賛している。「ダンブルドアは親切だし良い人だから、邪悪な操作ではありません。自分の味方を増やそう、正しいことのために戦おうとするんです。『黒い魔法使いの誕生』ではその点がさらに掘り下げられています。ジュードは完璧だと思います」。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

これからのダンブルドア

既報によれば、『ファンタスティック・ビースト』第3作(タイトル未定)では、ジュード演じる若いアルバス・ダンブルドアに焦点が当たることになるという。ダンブルドアとグリンデルバルドの関係性が「これからディープになっていく」と話したハイマンは、「(ダンブルドアは)物語が進むにつれてさらに重要になる」とも述べた。

一方のジュードも「ダンブルドアがホグワーツの偉大な校長になるのは、まだ先の話」「未来のダンブルドア校長につながる基礎を築くのはおもしろかった。成長したり、学習したり、失敗を重ねたりする余地も残しました」と語っており、『ファンタビ』シリーズがダンブルドアというキャラクターの成長を描く物語になることを示唆。残念ながらグリンデルバルド役のジョニー・デップは前作かぎりでの降板が決まったものの、新たなキャストを迎え、さらにダンブルドア&グリンデルバルドの物語が深められていくことになりそうだ。

第3作の撮影が始まったあとの2020年11月、ジュードは『ファンタビ』シリーズへの参加やダンブルドア役を演じる機会を「とてもうれしい。(撮影していて)毎日ありがたいなと思うし、すごく幸せです」語っている

「大勢の方が特別に思っているものだし、自分のハートや人生を傾けているものだから畏れ多くもある。この仕事を始めてから、こういう気持ちになるのは初めてです。責任があるけれど、同時に美しくもありますね。すごく貴重な工芸品を渡されたような、自分が気を配らなければいけないものを手にした気分。丁寧に扱わなきゃいけない、そうでしょう?」

映画『ファンタスティック・ビースト』第3作(タイトル未定)は2022年夏、世界公開予定。

Sources: Entertainment Weekly, ET Online, Cinema Blend, The Hollywood Reporter, DAN FOGLER’S 4d Xperience!

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly