Menu
(0)

Search

【レポート】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ファンナイトに熱狂 ─ ジュード・ロウ、幸運な観客にがっしりハグ(写真52枚)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』いよいよ公開前夜となった2018年11月22日、出演のエディ・レッドメイン(ニュート役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)が一挙に集結し、ファンのためだけにトークや様々な企画を行うスペシャルファンナイトが開催された。(記事最後に写真ギャラリー52枚あり)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

会場となった豊洲PITには、開場時間前から『ファンタビ』や『ハリポタ』にちなんだコスチュームに身を包んだファンらが続々と到着。アリーナ内には豪華ステージが設置され、入場した観客は「すごい、すごい!」と興奮のまま開演を待った。

司会のハリー杉山と高橋愛がしっかり会場を温めると、来日キャストはサプライズで客席から登場。興奮状態で手を伸ばすファンたちとハイタッチを交わしながら、全員が壇上に出揃うと、待望のイベントが華々しくスタートだ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

エディ・レッドメインは、ニュート・スキャマンダーさながらに襟を立てたコート姿。あいさつを求められて立ち上がると、熱狂的なファンたちを目の前に感慨深いようで、やや圧倒されながら「言葉を失いました」と語り始める。「ここまでの熱狂的な歓迎は、これまで経験したことがないですよ!」

エディが小さく飛び跳ねながら「本作を引っさげて世界中を周りましたが、日本に来られるのがずっと待ちきれなかったんですよ!」と伝えると、客席からは歓声が。「日本のファンは世界で一番熱心で情熱的です。アリガトウゴザイマス!」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

ファンからの質問にキャストが直接答える!

この日は、完全にファンのために企画されたイベント。幸運なファンは、キャストに自分の質問を直接問いかけることができるのだ。まず選ばれた女性ファンはクイニー役アリソン・スドルに「本作での役割をキーワードひとつで表現してください」と尋ねると、アリソンは「すごく面白い質問ですね」と微笑み、「欲求」や「望むこと」を意味する“Desire”と答えた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

2人目に選ばれた幸運なファンは、司会のハリー杉山から「さっきから凄いカッパと目が合うんですけども」と指名された、カッパ姿の男性(本作『黒い魔法使いの誕生』には、日本の妖怪としてカッパが登場するのだ)。カッパ姿のファンはエディに向けて「カッパ好きって聞いたんですけど、僕、アリですか?」とユニークな質問。エディは楽しそうに笑いながら「(カッパを)生涯通じてやってください。次回作に出演してくださいね!お見事です」と称える。カッパ姿のファンも「オフコース!」と拳を上げた。

3人目に選ばれたニュート姿の女性ファンは喜びのあまり涙。「ニュートさんの好きな日本食を教えてほしいです」と尋ねると、エディは「何から食べていいやら。日本を発つときには(お腹が膨らんだジェスチャーをしながら)こんなに太っているかも。スシ、テッパンヤキ、ラーメンヌードル…」と挙げた後、隣のジュード・ロウに手をかけて「昨日食べてたのって何でしたっけ?」と聞く。ジュードが「しゃぶしゃぶ」と答えると、会場は大盛り上がり。見事ジュード・ロウから「デーリシャス!」を引き出した質問主のファンは、泣き震えながら「全部食べたいです!」と返し、高橋愛も「全部食べたいそうです!」とレポートした。

Twitterからの質問も

ここで会場からの質問受付は終了し、事前にTwitter上から集められていた質問に答える。初めに取り上げれた質問は次のもの。

 ご指名を受けたダンは嬉しそうに、まず「コンニチハ」と挨拶。「ジェイコブは心が大きいですよね。もとは戦場で戦った兵士で、(アメリカに)戻ってきた。悲しみに暮れる男になる可能性もあったけど、そうはならずにペイストリーで人を幸せにしたいと思ったわけですよ。好きにならずにいられないですよね。世界で一番忠誠心があって勇敢な男で、魔法も杖も持たずに戦いに挑んでいくんです。おとぎ話の世界のパン屋さんみたいに。やっぱり好きにならずにいられないですね」と語り、「僕が皆さんを愛しているように」と会場に手を伸ばした。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

続いて、アリソン・スドルには次の質問が尋ねられた。

 アリソンは日本語で「日本は魔法みたい」と答え、まず歓声。後ろの通訳に「合ってます?イエス!」と確認する姿が愛らしく、もうひと歓声があがった。「日本は本当にマジカルな場所です。いつも来る度にみなさんの文化や歓迎ぶり、全てに驚かされているんですよ。魔法みたいだと思います。それから食べ物もすっごく素敵。」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

司会のハリー杉山からは、ティナ役キャサリン・ウォーターストンへの質問。「ティナのニュートへの想いは様々だと思いますが、もしも一言でまとめるのであれば、その愛とはどんなものでしょう?」との質問が読み上げられると、隣のエディが身体を乗り出し、キャサリンを下から見上げる。キャサリンが目もくれずに片手で制止して首を横に降ると、しょげたエディは顔を真っ赤にして元の位置に戻るのだった。

キャサリンは「一言で言い表すのは難しいですね。とても複雑なので」とかわしながら、「ティナはニュートが◯◯◯だと思ってるんですよ」(編注:『黒い魔法使い』の内容に触れているため割愛)と続け、エディは「ティナの◯◯◯ですよ!」と返す。「でも、これでティナは喜ぶと思う?」と客席に問いかけると、「NO!」の声があがる。キャサリンは「こういうことですよ」と微笑んだ後、日本語で「みんな大好き」と囁いた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

高橋愛はナギニ役クローディア・キムに「アジア人としてキャストに選ばれたことが嬉しかったと、昨日のジャパンプレミアで仰っていましたが、役を頂いた時にどういう思いでしたか?」と質問。クローディアは「オーディションを終えた後、この役がどうしてもやりたくて辛かったんです」と笑い、「1作目は少なくとも5回は観ていました。すごく嬉しくて光栄でした。今日もここに参加できて光栄です。お客さんの中に泣いてらっしゃる方がいましたが、私まで泣けてきそうですよ…!」と感極まり、日本語でのメッセージにもトライ。「あたたかく、歓迎して、歓迎して…、(手首を確認して)いただき、ありがとうございます!」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

最後にジュード・ロウに向け、ハリー杉山が「ジュードさん演じるダンブルドア先生、魅力に溢れています。色気に溢れていると思います」と尋ねると、ジュードは顎を撫でてみせる。「その最大の魅力は何なのか、それをどうやって引き出したのか」と尋ねられたジュードはまず「わかりません」と一言。「その質問はどうやって答えて良いのか分からない」と困った笑い声を上げるジュードを、隣からダンが「DNA!DNA!」と茶化す。ジュードは赤くした顔を手で仰ぎ、襟元もはためかせてタジタジだ。

ジュードは「別の話にしましょうか」と切り出し、「ダンブルドアと共通している素質は、イタズラ好きってところかな。長年、自分の子どもを相手にイタズラ好きの部分を育んできていたので、ようやく役に活かすことが出来て嬉しいです」と紹介した。

最高潮のヴォルテージで『黒い魔法使いの誕生』公開へ

イベントはこのまま、プレゼント抽選会企画に突入。登壇した6人のキャストが1人1枚ずつ抽選カードを選び、当選した観客はステージ上にあがってプレゼントを受け取ることができるのだ。それだけではなく、各キャストの隣まで招待され、キャストからは握手やハグのプレゼントも。とりわけジュード・ロウがファンをがっしりと抱擁した瞬間には、会場が揺れるほどの悲鳴があがったのだった。

最後に、エディが自撮り棒を携えて壇上から客席をバックにセルフィーを撮影した後、フォトセッションを行ってイベントは終幕。ファンのボルテージが最高潮まで高まった状態で、翌日の映画公開を迎えることとなった。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ファンナイト
©THE RIVER

なお、このイベントの様子は『ファンタスティック・ビースト』日本公式Twitterアカウントよりアーカイブ視聴できる。

ギャラリー

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、いよいよ2018年11月23日(金・祝)より全国ロードショー

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly