Menu
(0)

Search

『ワイスピ10』ハン役、『TOKYO DRIFT』愛車「マツダRX-7」との再会に「年を取ったね」

https://www.instagram.com/p/CfKMT6dMh67/

ワイルド・スピード』シリーズではファミリーの絆を描く熱い物語はもちろんだが、何と言っても最大の見どころのひとつは車による激しいアクションシーンだろう。この度、最新作『FAST X(原題)』の撮影に参加中のサン・カンが、Instagramにて“あの愛車”との再会を投稿している。

この投稿をInstagramで見る

sung kang(@sungkangsta)がシェアした投稿

サン・カンといえばハンとして、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)に登場。そこでハンが運転する車は事故に遭い、死亡したと思われていた。ところが、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)では生存していたことが明らかとなり、シリーズへのカムバックを果たした。つづくシリーズ第10作、『FAST X』での再登場も決定している。

このたびカンが投稿したのは、『TOKYO DRIFT』にてハンがすばらしいハンドルさばきで運転していた愛車、“マツダRX-7”。「旧友に会えてうれしい。僕らが会ってから16年も経ったなんて信じられない。君はよく年をとったね」と再会を喜ぶ姿とともに、当時の場面写真を再現する粋な計らいまでみせている。ちなみにこの車は、『TOKYO DRIFT』では事故の際に炎上していた。

20年の歴史に終止符が打たれる『ワイルド・スピード』は、2部作構成で完結を迎える。その前編となるのが本作だ。キャストには、ヴィン・ディーゼルやミシェル・ロドリゲスらをはじめとするおなじみのファミリーの復帰に加え、『アクアマン』シリーズなどのジェイソン・モモア、『ルーム』(2015)『キャプテン・マーベル』(2019)などのブリー・ラーソンがシリーズに参戦することも決定済み。撮影は現在も進行中で、その指揮を執っているのは、『インクレディブル・ハルク』(2010)や『トランスポーター』シリーズなどのルイ・レテリエ監督である。

映画『FAST X(原題)』は、2023年5月19日に米国公開予定。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly