ドラマ『フラッシュ』シーズン3に◯◯◯がパワーアップして帰還か?

大人気DCドラマ『フラッシュ』のシーズン3にまつわる最新の噂が飛び込んできました。この記事内容は、シーズン2の結末について触れています。

【注意】

この記事には、ドラマ『フラッシュ』シーズン2に関するネタバレ内容が含まれています。

—–

—-

宿敵ズーム/ハンター・ゾロモンが復帰か?

大人気DCドラマ『フラッシュ』のシーズン2にてひたすらに速さを求めた宿敵ズーム/ハンター・ゾロモン。最期はスピードフォースからスピードスターを追ってきた死神、ブラックレイスによってブラックフラッシュに変えられ、絶叫しながら死神に連れていかれるというものでした。一見、ハリソン・ウェルズと同じようにズームの登場はこれで終了と思われました。ですがテディは製作者の一人、アンドリュー・クライスバーグがブラックフラッシュの帰還に興味があると教えたと語っており、ハンター・ゾロモンが再び『フラッシュ』シーズン3に登場する可能性が出ています。

それだけならば安泰のように思えますがテディ・シアーズは現在『24』のスピンオフ、『24:Legacy』にレギュラー出演しており、配給元のFoxとの間に過密スケジュールがあります。そのため、再登場に意欲的なテディも本格的に『フラッシュ』に再出演するにはどちらの制作陣営の賛同を貰う必要があるとのことです。

『フラッシュ』シーズン2のヴィラン、ズームはパラレルワールドのアース2にて暗躍したシリアルキラーであり、恐るべきスピードスターでした。その速さはシーズン1のヴィラン、リバースフラッシュを超えていましたが、彼と比べるとズームには圧倒的にスピードフォースへの知識が不足しており、それが敗北に繋がったといえます。このことから、もしも『フラッシュ』に再登場したらかなりのパワーアップが見込めるヴィランです。

【登場人物】『THE FLASH/フラッシュ』シーズン2までのスピードスター達を徹底紹介・原作との違いを解説!

ズームことハンター・ゾロモンのコミック初登場は2001年。本来は三代目フラッシュのウォリー・ウェストと深い因縁があるキャラクターでした。フラッシュのウォリーに誰よりも歪んだヒーロー像を押し付け、悲劇を起こしていくという残忍さと過去の悲惨さが魅力のキャラクターでしたが、2011年の『フラッシュポイント』で起きた世界改変後はウォリーが長らく登場しなかったこともありハンター・ゾロモンの影が亡くなってしまいました。

その代わりに2016年の『DCユニバースRebirth』後のフラッシュ誌にてバリーとの間にウォリーとハンターを思い出す因縁を持つ新たなスピードスター、ヴィラン(?)のゴッドスピードが参戦しています。ゾロモンがウォリーに理想のヒーロー像を押し付けるヴィランならばゴッドスピードはバリーに理想の人格を押し付けるヴィラン。甲乙付け難いキャラクター性ですがやはりハンター・ゾロモンが恋しいことは確か。そんな読者の希望を叶えてくれることをドラマ『フラッシュ』に望みたいものです。

参考url:http://www.tvguide.com/news/the-flash-zoom-return-black-flash-teddy-sears/
eyecatch Image:Screen shot from https://youtu.be/9BTGpKJ2VR4

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。