Menu
(0)

Search

【豪華】映画『ブラックパンサー』名優フォレスト・ウィテカー参戦!『シビル・ウォー』のアイツも再登場

映画『ブラックパンサー』は贅沢なキャスティングになりそうだ

すでに、主人公のティ・チャラ/ブラック・パンサーに『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に引き続きチャドウィック・ボーズマン、ヴィランのエリック・キルモンガーには『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダンという、フレッシュかつ実力派の顔ぶれがキャスティングされていた。


ここに新たに名前を連ねるのは、2006年の『ラスト・キング・オブ・スコットランド』でアカデミー賞などを総ナメした名優フォレスト・ウィテカーだ。なお、その他に追加キャスト2名も新しく発表されている。

『シビル・ウォー』のアイツも再登場

『ブラック・パンサー』でウィテカーが演じるのは、ワカンダ王国の元老・スリ役。『シビル・ウォー』で先王ティ・チャカを亡くしたティ・チャラに政治を説く存在となるのか、はたまた物語の黒幕となるのか……。現時点で役柄の詳細はわかっていない。

なおウィテカーは現在とても忙しいスケジュールを送っているようだ。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に反乱軍リーダーのソー・ゲレラ役で出演しているほか、『ブレードランナー2049』を手がけるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の新作『メッセージ』が公開待機中。『The Forgiven(原題)』では南アフリカの平和活動家デズモンド・ムピロ・ツツを演じるという。

また『ブラック・パンサー』には、『シビル・ウォー』に登場したティ・チャラのボディーガード、アヨーが再登場する。わずかな出番ながらブラック・ウィドウとバチバチした、このキャラクターを引き続き演じるのはフローレンス・カサンバだ。アヨーはコミックに登場するティ・チャラの親衛隊「Dora Milaje」のメンバー。『ブラックパンサー』にはティ・チャラのボディガードであり妻候補としてオコイエ(ダナイ・グリラ)とナキア(ルピタ・ニョンゴ)という女性も登場するが、彼女たちは同じ親衛隊に所属しているのだろうか?

そのほか、『ボーダーライン』に出演した若手俳優ダニエル・カルーヤティ・チャラの親友W’Kabiを演じるほか、以前から報じられていた通り、ウィンストン・デュークがティ・チャラの宿敵M’Bakuを演じることも正式に発表されている。

映画『ブラック・パンサー』は2018年2月に全米公開予定。

source: https://marvel.com/news/movies/26832/forest_whitaker_joins_marvels_black_panther

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly