Menu
(0)

Search

【インタビュー】ヒュー・ジャックマンが解説する『フロントランナー』 ─ 「この映画は答えを与えない」何が重要なのか分からない世の中へ

フロントランナー ヒュー・ジャックマン

「事実」と「真実」の違いは何なのか──。真剣な面持ちで言葉を交わしたインタビューは熱を帯び、ふとした瞬間にヒュー・ジャックマンは「ふふっ」と微笑んだ。

世界を、アメリカを、大統領を、そして報道までを変えてしまった、1988年大統領予備選挙でのあるスキャンダル。ヒュー・ジャックマンが実在した政治家を演じる最新作フロントランナーが、2019年2月1日より全国公開となる。THE RIVERは、本作のため来日したヒュー・ジャックマンへインタビューを行った。

映画『フロントランナー』ヒュー・ジャックマン 舞台挨拶
©THE RIVER

この仕事のためなら何でもやる、という決意

都内某所。この日の朝、ヒューは日本の地上波番組に生出演し、「政治とスキャンダル報道」についての真剣討論に挑んだことも話題になっていた。出演から立て続けてのインタビューとなったが、ヒューは取材陣を笑顔で迎え入れた。

ヒューは、我々取材陣の手をひとりひとり握りしめ、名を呼ぶ。着席すると、まずは背後一面の窓ガラス越しの景色を望んだ。「ずっと、あの富士山を見ていましてね。」摩天楼の隙間から、雄大な富士山頂が顔を出している。2012年には息子と共に登頂もしていた。「素晴らしい眺めです。」

富士の眺めを背に、ヒューは『フロントランナー』に込めた想いを語り始める。アメリカ・コロラド州。ジョン・F・ケネディの再来と言われ、大統領選挙の最有力候補(=フロントランナー)とされたカリスマ政治家、ゲイリー・ハート。現在も存命の人物を演じるという責任の重大さを感じたヒューは、膨大なリサーチをこなしたという。ジェイソン・ライトマン監督は、「最初の頃ヒューが、ハートに関する資料でパンパンになった、厚みが7.5cmもあるバインダーを持ち歩いているのを見かけて、『それを全部読むつもりなのか』と聞いたら、『これはもう読み終えた分で、5冊あるうちの1冊目なんだ』って言うんだ」と語っている。全力を注いだリサーチはどのようなものだったのか。ゲイリー・ハート本人に行ったという取材について尋ねた。

「ゲイリーとは3日間一緒に過ごしました。愛嬌があって、あたたかく、オープンな方です。ゲイリーには、今日(こんにち)の出来事について沢山質問しました。オーストラリアや、世界の政治情勢、それに彼の生い立ちについても。彼のことは、書籍を読み込んだり映像を見てリサーチを重ねましたし、かつて彼と仕事を共にした方々にも取材をしていました。

僕が主に求めたのは2つのこと。まずは映画で描かれる出来事について具体的に尋ねました。知らなかった事実も教えてもらえました。それから知りたかったのは、彼の周囲の人々のこと。彼はとても、”enigmatic”(謎めいた、得体の知れない)な方で、引き込まれるような、静かな、磁力を持ったような方でした。でも同時に、プライバシーな部分もあった。おそらく選挙活動中は尚更のことだったでしょう。

それから、僕がどれだけ真剣に今回の仕事に挑んでいるか、ということも理解してもらいたかった。彼にとって人生最悪の3週間を、別人に演じられるということの辛さを僕はしっかり理解しているということ、この仕事のためなら文字通り何でもやるという決意も、分かってもらうために伝えましたね。」

フロントランナー
The Front Runner

ジャーナリズムへの理解

母校であるシドニー工科大学ではジャーナリズムを専攻していた。だからこそ、記者という仕事の難しさが分かるという。「ジャーナリストの仕事を知れば知るほど、”自分には向いていないな”と気付かされます」と笑った。「大変な仕事ですよね。仕事を取ってくるのも大変ですし、食べていくのがどんどん難しくなっている。ジャーナリズムの世界では、締切も短くなって、お金も無くなってきているし、政治家から記者への風当たりも強くなっている。僕にはとてもこなせない仕事です。」この取材の前日に行われた記者会見時も、ヒューはすべての記者を気遣って、必ず日本語で「ありがとうございます」と添えていた。むしろ我々がヒューにもてなされているような心地だ。

「記者の皆さんとお会いする機会は多いですが、いつも尊敬の念を抱いています。僕としては、皆さんと過ごす時間はもっとあれば良いと思っているんです。このインタビューだって、短い時間でどうやって僕の本心を…。しかも、僕は役者ですよ。短いインタビューの時間中、他人を演じることだって出来ますから(笑)。だから、本当はもっと記者の皆さんと一緒にいたいし、深掘りして欲しいんです。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。代表。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューを行なっています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly