Menu
(0)

Search

「スパイダーマン」スピンオフ新作映画、『マグニフィセント・セブン』監督が登板の可能性 ― 『ブラックパンサー』の打診も受けていた

© 2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.

映画『イコライザー』(2014)や『マグニフィセント・セブン』(2016)で知られる映画監督アントワーン・フークアが、スパイダーマンのスピンオフ映画を手がける可能性があるようだ。米JoBloの取材に対して、ソニー・ピクチャーズから打診を受けたことを本人が明らかにしている。

フークア監督が監督の打診を受けたのは、2017年11月に第一報が伝えられた、吸血鬼に変貌した科学者を主人公とする映画『モービウス(原題:Mobius)』。スパイダーマンのヴィランにしてコミックではダークヒーローとしても描かれてきたキャラクターの単独作品で、スピンオフ映画としては『ヴェノム』(12月公開)や『シルバー&ブラック(原題:Silver and Black)』に次ぐ第3作になるとみられている。

2018年5月7日現在、フークア監督が『モービウス』の監督に就任するかどうかは不明。しかし取材でのコメントをみるかぎり、少なからず意欲的な姿勢を示しているようにも思われる。

「僕はコミックを読んで育ちました。(マーベルには)ずいぶん昔に『ブラックパンサー』の打診をされたこともあるんですよ。ソニーがマーベルのキャラクター、モービウスの話を持ってきてくれたのにはいくつか理由があって。僕には13歳の息子がいるので(コミック映画を)何度も観てますし、自分がやるのも面白そうですね。新しいものを作ってみたい。ワクワクするものがやってきた感じですね。」

フークア監督は現在、『イコライザー2(原題:The Equalizer 2)』の米国公開を2018年7月に控えているところ。名作『スカーフェイス』(1983)のリメイク映画にも契約交渉に入ったことが報じられるなど、新作が待たれるアクション監督の一人だ。
それゆえだろう、監督はインタビュアーにどの作品を観てみたいかと“逆質問”している。インタビュアーが「ブレイドのリメイク」と突如新しい選択肢を提示したところ、監督は「ブレイドなの? モービウスでもスカーフェイスでもなくて?」と笑ったという。

「もしかすると両方やれるチャンスに恵まれるかもしれませんね。スカーフェイスと、それからスーパーヒーロー映画と。」

エッジの効いた激しい描写が魅力の作品から、第一線の俳優が共演するスター映画、ともすれば“B級”と揶揄されかねない一本まで、フークア監督のフィルモグラフィは「アクション映画」と一口に括れないほど幅広い。その作家性と職人性が注ぎ込まれたヒーロー映画、きっと観てみたい映画ファンは少なくないはずだ。ぜひ実現に期待しよう!

Source: JoBlo

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly