『キャプテン・マーベル』ニック・フューリーの新設定が判明 ― 90年代舞台に「最強ヒーローの最もユニークなオリジン」描く

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が劇場公開された今、にわかにマーベル映画ファンの注目を集め始めているのが、2019年春公開の新作映画『キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)』だ。
主演に『ルーム』(2015)のブリー・ラーソンを迎え、ジュード・ロウやベン・メンデルソーンといった豪華な顔ぶれがマーベル・シネマティック・ユニバースに初参加する本作は、来たる『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル未定)にも深く繋がる作品になっているという。

2018年4月下旬、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のワールドプレミアにて、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は『キャプテン・マーベル』の新情報を米Variety誌にて明かしていた。
既報の通り、1990年代を舞台とする本作には、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーや、クラーク・グレッグ演じるフィル・コールソンらがまだ若かりし頃の姿で登場する。ヒーローチームを束ねる以前のニックは、ある思いを胸に秘めながら活動しているそうだ。


(ニックは)冷戦が終わって、自分にとって最良の時期は過ぎたと思っています。この映画で彼はいくつかの出来事に遭遇して、のちの19作品へ繋がる道へと到達するんですよ。」

あえて言い換えれば、『キャプテン・マーベル』はMCUにおけるニック・フューリーのオリジン・ストーリーといえる内容となるのかもしれない。コミックの世界に存在する“冷戦下で暗躍するスパイ”という設定を、映画でもしっかりと掘り下げることにもなりそうだ。
また留意しておきたいのは、『キャプテン・マーベル』に“冷戦”という要素が入っているらしいことである。1989年にアメリカ・ロシアの冷戦が終結したあと、その影響が色濃く残っている時代を舞台に、「異星人による宇宙戦争に地球が巻き込まれる」という物語を描くことに何も意図がないはずがない……。

 

しかしながら、もちろん『キャプテン・マーベル』は新ヒーローのオリジン・ストーリーとして力強い作品として仕上がることになりそうだ。なにしろケヴィン社長は「史上最強のヒーローが出てきますし、最もユニークで刺激的なオリジン・ストーリーになると思います」と語っているほか、以前は「キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを、ニックが初めて出会ったヒーローとして紹介したい」とも述べていたのである。
ちなみに本作は『ターミネーター2』(1991)をはじめ、1990年代のアクション映画を参照した一本になるとのこと。要素てんこ盛りになりそうだが、とにかく今から楽しみなのは確かだ。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月8日に米国公開予定。アンナ・ボーデン&ライアン・フレックという新鋭コンビが監督を務める。

Source: Variety

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。