Menu
(0)

Search

アニャ・テイラー=ジョイ、キレキレのドリフトを華麗に決める ─『マッドマックス』フュリオサ単独映画に向けての練習か

マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)の前日譚映画『フュリオサ(原題)』では、シャーリーズ・セロンに代わり、アニャ・テイラー=ジョイがフュリオサの若き日の姿を演じる。この度、アニャがカーアクションの練習に励む姿を捉えた動画が公開された。

M・ナイト・シャマランやエドガー・ライトなど、錚々たる監督たちと仕事を共にしては彼らを虜にしてきたアニャ・テイラー=ジョイ。本作にてメガホンをとるジョージ・ミラーもまた、アニャの確かな演技力と圧倒的な存在感に魅了された監督のひとりで、『ラスト・ナイト・イン・ソーホー』(2021)の初期編集版を観て、フュリオサ役の候補に入れることを決めたのだという。その期待に応えたアニャは、オーディションでフュリオサ役を見事に勝ち取ったのである。

『マッドマックス』シリーズといえば、カーアクションが醍醐味のひとつだろう。2021年8月、アニャはアクションスタントの大半を自らこなせるよう、スタントチームによる指揮のもとで運転を学んでいることを報告していた。アニャ本人が公開した動画では、ドリフトを華麗に決める車が登場。アニャがハンドルを握る姿までは確認できないものの、「私です」と投稿内に記されているため、本人自らが運転していると思われる。また作品名の言及こそないが、2022年前半に撮影が開始見込みと伝えられていることから、『フュリオサ』と考えて間違いなさそうだ。

『フュリオサ』は、前作で荒廃した世界を支配する独裁者に反旗を翻し、彼の妻たちの逃走計画を実行する丸刈り頭&義手の最強戦士、フュリオサの若き日の姿を描く物語。その詳細は不明だが、オーストラリアで撮影される史上最大の映画であり、長年に渡る壮大な物語が描かれるとのこと。アニャのほかキャストには、クリス・ヘムズワース&トム・バークが名を連ねている。

アニャはカーアクションだけでなく、フュリオサ役を演じるために必要な準備として、「この映画を担えるだけの強さを身につけることだと考えています。それは感情的な強さであり、身体的な強さであり、精神的な強さです」と過去に述べていたり、「成長は自分自身に激しく挑戦することでしか得られないものでしょう。それを実現するのに、これ以上の役、これ以上の監督、これ以上の物語はありません。とても楽しみにしています」と撮影への期待を寄せていた。本作にかける思いは相当なもののようだ。期待が高まるばかりの本作は、2024年5月24日の米国公開。

Source: Empire Online

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly