Menu
(0)

Search

ガル・ガドット、ジョス・ウェドンから「脅されていた」と認める ─ 『ジャスティス・リーグ』ワンダーウーマン役にて

ガル・ガドット
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35401982293/ Remixed by THE RIVER

DC映画『ジャスティス・リーグ』2017年の劇場版で監督を務めたジョス・ウェドンの現場でのハラスメントが指摘されている一連の騒動について、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス役のガル・ガドットが、新たな証言を加えた。

ガル・ガドットは、自身のキャラクターの性格が単独映画『ワンダーウーマン』とウェドン版『ジャスティス・リーグ』とで異なっていることを懸念していたという。結果としてウェドンは、ガドットが望まないセリフを収録させたといい、「ジョスは、俺はガルと話を付けたんだと自慢していた。彼は、脚本家は俺なんだから、黙って言うことを聞かないと、お前のことをめちゃくちゃ間抜けに見せてやるぞと言ったそうだ」との証言が、撮影現場での目撃者から伝えられていた。

ここにガドット本人が証言を加える形となった。「彼は、言わば私のキャリアを脅かしました。私が(ウェドンの意に反する)何かをやったら、キャリアをめちゃくちゃにしてやるぞと。その場では対処しておきましたけど」と、イスラエルでのインタビューで話している。

ガドットは以前にも、ウェドンと何らかのトラブルがあったことを「良いものではなかった」「そこではうまくやっておきましたから」と示唆していた。ウェドンにキャリアを破壊されると脅しをかけられたと直接証言したのは、この度が始めてだ。

過去には、ウェドンの告発を主導するレイ・フィッシャー(サイボーグ役)への支持を見せていたガドット。この度は、質問に答えられる範囲で、あくまで最小限の回答を行っている。

Source:THR(1,2

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly