Menu
(0)

Search

ワンダーウーマン役ガル・ガドット、『ジャスティス・リーグ』ジョス・ウェドン監督との「良くない」出来事を示唆

ガル・ガドット
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35401982293/ Remixed by THE RIVER

ジャスティス・リーグ(2017)撮影時の振る舞いが問題視されているジョス・ウェドンについて、『ワンダーウーマン 1984』のガル・ガドットにも何らかの不快な出来事があったようだ。

複数の大物ヒーローを1作にまとめた『アベンジャーズ』(2012)などで知られるジョス・ウェドンは、『ジャスティス・リーグ』で途中降板したザック・スナイダーに代わって監督を務めた。後になって、サイボーグ役で出演したレイ・フィッシャーがウェドンについて「現場でのキャストやクルーの扱いは下劣で、虐待的で、プロではなく、そして全くもって受け入れがたいものだった」と告発。共演者であるジェイソン・モモアもフィッシャーの発言を支持した

これを受けて米ワーナー・ブラザースは、関係者への聞き取り調査を実施。フィッシャーの報告によると、80人以上を対象とした調査が行われたという。

ワンダーウーマン役で共演のガル・ガドットは米Los Angeles Timesのインタビューの中で、「レイが自分の真実を公にできたことは嬉しく思います」と言及。続けて「私は、ジョス・ウェドンとの撮影のその現場にはいなかったんですけど。私も私で、彼との出来事があって、それは良いものではなかったです」と明かし、何らかの不快な経験があったことを仄めかした。

ガドットは「そこではうまくやっておきましたから」ということだけを話し、詳細は語っていない。「とにかくレイが真実を話すことができて、良かったです」と繰り返し、ウェドンとの一件を話すことに消極的な様子だ。

『ジャスティス・リーグ』元々の監督だったザック・スナイダーは、自らのビジョンに基づいて作品を改める、通称“スナイダー・カット”こと「ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)」を準備中。スナイダー監督はSNS上で、ウェドンが仕上げた劇場版を「抹消してやりたい」と非難している

また、『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス監督は『ジャスティス・リーグ』劇場版について、「私たちDCの監督はみんな、ファンのみなさんと同じようにあれを捨て去ろうと考えている」「私の一作目(『ワンダーウーマン』2017)と、色々な面で矛盾している」と発言。ウェドンの『ジャスティス・リーグ』には風当たりが強い状況が続いている。

あわせて読みたい

Source:Los Angeles Times,IndieWire

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly