Menu
(0)

Search

X-MEN『ガンビット』単独映画の製作遅延、リブート版『ファンタスティック・フォー』の影響あった ─ 「予算が大きく削られて」

チャニング・テイタム
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35732523270/

2015年から企画が存在しながら、いまだ日の目を見ていない『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画、『ガンビット(邦題未定、原題:Gambit)』の製作遅延の背景に、リブート版『ファンタスティック・フォー』(2015)の影響があったという。監督を務める予定だった、『猿の惑星:創世記』(2011)のルパート・ワイアット監督がThe Beatのインタビューにて明かしている。

当時から『ガンビット』の映画化を進めてきたのは、『21ジャンプ・ストリート』『マジック・マイク』シリーズの俳優チャニング・テイタム。自ら主演・製作を兼任する予定で、監督にはルパートが就任。チャニングの出演作品をプロデュースしてきた、パートナーのリード・キャロリンが脚本家・プロデューサーとして携わっていたという。

『ガンビット』突然の製作費削減

ルパート監督は当時を振り返って、「チャニングやリードとはしっかり作業をしていたんですよ。リード、脚本家のジョシュア・ゼトゥマーと一緒に脚本の作業をしていました」と話している。それでも製作に至らなかったのは、製作・配給を担当する20世紀フォックスの“とある判断”がきっかけだった。

「撮影が迫っていて、10週間後に始まる予定だったと思います。結局は予算が問題だったんです、(金額が)足りなくて。みなさん、この業界の事情はとてもよくご存知ですよね。フォックスは1ヶ月前に『ファンタスティック・フォー』を公開したんですが、それがあまりうまくいかなかった。それで、僕たちの予算が相当削られてしまいました。」

2015年8月に米国公開されたジョシュ・トランク監督によるリブート版『ファンタスティック・フォー』は、製作費1億2,000万ドルの大作映画ながら、全世界興行収入は約1億6,800万ドルと厳しい結果に終わった。批評家やファンの評価も高いとは言いがたく、これを受けてフォックスは『ガンビット』の製作に及び腰となり、製作費をカットする決断を下したものとみられる。

ところが、もちろんルパート監督はその判断を受け入れられなかった。製作費を削られてしまえば、満足のいくクオリティで脚本を映像化できるとは限らないからだ。

僕としては、“だったら予算に合わせて脚本を書き直さないと”と言わざるをえなかった。だけど、フォックスの求める撮影時期が近づきすぎていて。それで残念ながら実現しなかったんです。」

ルパート監督が『ガンビット』を離脱したのは2015年10月のこと。その後、2016年8月には後任者のダグ・リーマン監督もプロジェクトを去り、2017年10月に就任した『パイレーツ・オブ・カリビアン』ゴア・ヴァービンスキー監督も2018年1月に降板している。2019年1月には、ついにチャニングが監督を務めるという噂も伝えられた

2019年3月現在、フォックスはディズニーとの事業統合完了を間近に控えている。『ガンビット』を含め、フォックスが権利を有するマーベル・ヒーローの映像化企画はすべて凍結状態にあるようだ。ルパート監督は、現在でも『ガンビット』の実現を祈っていることを語った。

「僕が知っているのは、チャニングには本当にすばらしいアイデアがあるということだけ。どんな映画になりうるのか、どんな映画にすべきなのかね。チャニングとリードは今でも頑張っていますよ。だからディズニーの時代になって、二人が映画を作れることを願っています。」

映画『ガンビット(邦題未定、原題:Gambit)』の撮影・公開時期は未定。果報は寝て待て…!

Sources: The Beat, Box Office Mojo

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly