X-MENスピンオフ映画『ガンビット』2019年2月14日全米公開決定!主演はチャニング・テイタム

マーベル/20世紀フォックスの『X-MEN』シリーズから、人気キャラクターの『ガンビット』を描くスピンオフ映画の全米公開日が2019年2月14日に決定した。Deadlineなどが伝えている。

X-MENのメンバーであるガンビットは、物体を破壊するキネティック・エナジーを扱うミュータントで、エネルギーを込めたトランプと棒術を用いて闘う。映画では『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)で一度登場しており、テイラー・キッチュが演じた。日本の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場するヴィラン、鵜堂刃衛のモデルとしても知られる。

実は『ガンビット』はかつて2016年の公開を予定してプロジェクトが進められていたものの、監督が続々と降板するなど紆余曲折を経た作品だ。既にチャニング・テイタムの主演がアナウンスされており、監督には『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作のゴア・ヴァービンスキーが交渉中であると伝えられている。チャニング自身もプロデューサー陣として名を連ねる他、『マジック・マイク』シリーズや『ローガン・ラッキー』(2017)でチャニングと仕事を共にしたリード・キャロリン、『X-MEN』シリーズのサイモン・キンバーグとローレン・シュラー・ドナーも参画する。

映画『ガンビット』あらすじなどの詳細は現時点では不明だが、あくまでも噂によれば『007』シリーズで知られるダニエル・クレイグがヴィランであるミスター・シニスターを演じる可能性があるという。チャニングとダニエルといえば、『ローガン・ラッキー』でも共演の仲だ。

 

同キャラクターは人気が高く、思い入れの強いファンも多いだろう。2019年のヴァレンタイン、ガンビットのトリックカードがついに宙を裂く。

Source:http://deadline.com/2017/10/channing-tatum-gambit-to-open-valentines-day-2019-release-1202187558/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。