X-MENスピンオフ『ガンビット』2018年2月にも撮影開始か ― チャニング・テイタム主演、米情報

映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品『ガンビット(原題:Gambit)』の撮影に関する情報が入ってきた。米映画情報サイト、Omega Undergroundが報じている。

プロジェクトに詳しい人物から得られた情報によると、20世紀フォックスは『ガンビット』の撮影を2018年2月にスタートさせることを目指しており、撮影終了時期は2018年7月を目標としているという。やや長い期間が設定されている印象だが、同サイトはこのスケジュールを「流動的なもの」だと表現しており、今後若干の変更が加わる可能性が示唆されている状況だ。

もっとも『ガンビット』は2019年2月14日に全米公開されることが発表されているため、2018年7月以降まで撮影がずれ込むことは考えづらい。劇場公開の1年前に撮影が始まるというスケジュールそのものは、本撮影後のポスト・プロダクションを鑑みればいたって自然なものといえるだろう。

『ガンビット』で主演を務めるのは、『マジック・マイク』『21ジャンプ・ストリート』シリーズや『ヘイトフル・エイト』(2015)、『ローガン・ラッキー』(2017)など話題作の続くチャニング・テイタム。監督には『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作のゴア・ヴァービンスキーが契約交渉に入っていると報じられている。プロデューサーを務めるのはチャニングと『X-MEN』シリーズの仕掛け人であるサイモン・キンバーグだ。
しかしながら本作は、ヒロインの役柄でリジー・キャプランが出演交渉に入っていることが判明した以外、チャニング以外の出演者が決定していない状況である。2018年2月に撮影が始まる場合、残された時間はおよそ3ヶ月しかなく、「流動的」とされるスケジュールの要因はここにあるとみてもよさそうだ。

映画『ガンビット』は2019年2月14日に米国公開予定

Source: http://omegaunderground.com/2017/11/22/fox-eyeing-february-july-production-shoot-gambit/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6851535588/ )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。