Menu
(0)

Search

ゲーム『Gears of War』映画版は現在も進行中 ─「もうすぐ発表があると思う」

『Gears of War』
『Gears of War』(マイクロソフト)

長年に渡り計画されてきた映画版Gears of War』は、現在も進行中であることがわかった。

2006年に発売されたアクション・シューティングゲーム『Gears of War』は、“ローカスト”という突如として現れた地底人をと人類の壮絶な戦いを描く作品だ。世界中から絶大な評価を獲得した後、シリーズ化された。

2007年に初めて発表された映画版『Gears of War』は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのニュー・ライン・シネマが映像化権を獲得。そこから時は経ち、企画は頓挫したと思われていたが、2016年には、ユニバーサル・ピクチャーズのもと再始動したことが明かされた。 その後は、2017年に脚本家としてシェーン・サレルノ、2018年に脚本家としてF・スコット・フレイジャーがアナウンス。それ以降は本企画に関する大きな動きは見られず、現時点での進捗や製作陣などについては不透明だ。

そんな中、このたびプロデューサーのディラン・クラークが、The Digital Fixのインタビューにて映画化企画について問われたところ、詳細について話すことは出来ないとしながらも、「興味を持っていただき光栄です。この企画は、私が長いあいだ情熱を注いできたものです。もうすぐ発表があると思いますよ」と予告している。つまり、企画自体は現在も進行中ということだ。

なお現時点では、キャストに関する発表はなされていないが、2018年にゲームのファンであるというデイヴ・バウティスタが、映画化企画への出演に積極的な姿勢を示していた。「『Gears of War』は数年前からずっと追いかけてるんですよ。今はユニバーサルが権利を持っているんですよね。もうずっと彼らを突付いて、ねだってるもんだから、向こうもウンザリしてると思う(笑)。電話して、”いま企画どんな感じですか?”って聞きまくってるんですよ」。

あわせて読みたい

Source: The Digital Fix

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly