『ゴーストバスターズ』リブート版、まさかの高評価で早くも続編宣言?「アメリカン・コメディ最高の1本」と称賛の声も

いよいよアメリカでの公開を今週末に控えた『ゴーストバスターズ』リブート版。予告編の公開にはじまり、気の毒なくらいバッシングを受けつづけた本作だが、アメリカのメディアでは早くも本編のレビューが掲載されはじめた。

驚かされるのは、大方の予想を覆しての“まさかの好評”ぶりである。先日おこなわれたプレミア上映では、製作陣が現在の胸中と自信のほどを明かした。

フタを開ければ大好評

『ゴーストバスターズ』リブート版の好評ぶりには、作品を応援していたファンすら驚いたかもしれない。手放しに褒めているメディアばかりではないが、ポジティブなレビューが数多く並んだのである。

たとえばニューヨーク・タイムズ誌は「ポール・フェイグ監督に期待した通りの出来。ハロルド・レイミス(オリジナル版の脚本・出演)以来、アメリカンコメディで最高の1本」と絶賛している。イギリス・ガーディアン誌も「このゴーストバスターズはいいぞ」(大意)というレビューを掲載したほか、The WrapもCG表現に苦言を呈しつつ主人公の女性4人に賛辞を送った。

また2016年7月12日の時点で、批評サイトThe Rotten Tomatoesでは76%の高評価を得ている。全米公開などを経てスコアがどう変化するかは予測できないが、クオリティはひとまず保証されたといえるだろう。

THE RIVER.cinema的には我らがマイティ・ソー、クリス・ヘムズワースに要注目。どうやらイイ味出してる模様。 http://www.hollywoodreporter.com/news/ghostbusters-international-trailer-chris-hemsworths-873836

THE RIVER.cinema的には我らがマイティ・ソー、クリス・ヘムズワースに要注目。どうやらイイ味出してる模様。
http://www.hollywoodreporter.com/news/ghostbusters-international-trailer-chris-hemsworths-873836

作り手の胸中はいかに。そして続編宣言?

もっとも、バッシングによって作品がジェンダーなどの問題を大きく抱えたことにはスタッフも戸惑ったようだ。

プレミア上映で、ソニー・ピクチャーズ映画部門会長のトム・ロスマン氏は「素晴らしい映画だよ。この映画はコメディ映画だけど、今は社会的な議論のとても重要な一部にもなっている。その両方を兼ね備える作品はまずない」と語った。ポール・フェイグ監督もその複雑な胸中を明かしている。

「僕たちは脚本を書き始める前から追い詰められていた。でも誰にも仕返しはしたくなかったんだ。僕らはただ、『見て。辛そうな人がいる、ちょっと楽しんでもらおう』ってことがしたかった。これはコメディ映画だ。みなさんに楽しんでほしい

ポール・フェイグ監督(中央)と今回のバスターズ4名。 http://www.wsj.com/articles/ghostbusters-paul-feig-gets-funny-women-1461859843

ポール・フェイグ監督(中央)と今回のバスターズ4名。
http://www.wsj.com/articles/ghostbusters-paul-feig-gets-funny-women-1461859843

オリジナル・キャストのアーニー・ハドソンは、『ゴーストバスターズ』シリーズの最新作をシンプルに喜びつつ、作品の出来には自信を示している。

「ついにシリーズを前進させる作品ができて本当にうれしい。ファンはきっと(作品を)愛してくれるだろう。いろんな反応があることは知ってるが、それでも映画を観たらきっと好きになってくれるよ」

一方でプロデューサーのエイミー・パスカルは興奮ぎみに、

「(シリーズは)終わりませんよ。きっとみなさんはこの作品を愛してくれて、もっと観たいと思うことでしょう」

と早くも続編を宣言。度重なるバッシングのためにハードルを下げてしまう気もするが、本当に面白いリブート作になっているのかもしれない。ぜひ劇場で確認したいところだ。

ちなみに:DVDは完全版で発売決定!

ところで、オリジナル・キャストであるダン・エイクロイドの出番がリブート版でカットされていることが以前報じられた。このニュースをちょっと残念に思っている方に朗報である。どうやらDVDには完全版が収録されるようだ。

【悲報】『ゴーストバスターズ』リブート版からダン・エイクロイドの出番がカットされる

ポール・フェイグ監督は、取材に対して「(劇場公開版より)15分ほど長い完全版が完成した」とコメント。本編分数は劇場公開版が1時間55分、完全版が2時間11分だ。なおDVDにはその他未公開シーンも収録される予定。

フェイグ監督は「DVD」としか明言していないものの、おそらくBlu-rayも同じ仕様になると思われる。あとは日本盤もきちんと完全版でリリースされることを祈るべきだろう。

『ゴーストバスターズ』リブート版は2016年8月19日に日本公開、8月11~14日には先行上映も予定されている。もしDVDが完全版でリリースされるとしても……ここまで読んだ方なら、もちろん劇場で観ますよね!

source:
http://www.nytimes.com/2016/07/15/movies/ghostbusters-review-melissa-mccarthy-kristen-wiig.html
https://www.theguardian.com/film/2016/jul/10/ghostbusters-review-paul-feigs-female-reboot-melissa-mccarthy-kristen-wiig
http://www.thewrap.com/ghostbusters-review-2016/
http://www.hollywoodreporter.com/news/ghostbusters-premiere-producer-amy-pascal-909624
http://collider.com/ghostbusters-extended-cut-blu-ray-paul-feig/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。