『ドラゴン・タトゥーの女』続編、ダニエル・クレイグの後任者が決定!39歳スウェーデン人俳優を抜擢へ

デヴィッド・フィンチャー監督作品『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)の続編映画、『蜘蛛の巣を払う女(原題:The Girl in the Spider’s Web)』にて男性主人公ミカエル・ブルムクヴィストを演じる俳優が決まった。
本作はキャスト・スタッフを一新しての続編で、フィンチャーに代わって『ドント・ブリーズ』(2016)のフェデ・アルバレスがメガホンを取る。前作でミカエルを演じたのは、『007』ジェームズ・ボンド役でおなじみのダニエル・クレイグだった。

Variety誌によれば、『蜘蛛の巣を払う女』にてミカエル役に選ばれたのはスウェーデン人俳優のスベリル・グドナソン。1978年生まれの39歳(2017年12月現在)で、出演作品は『ストックホルムでワルツを』(2013)を除いてほとんど日本で公開されていない。最新作はシャイア・ラブーフと共演したテニスプレイヤーの実話映画『ボルグ/マッケンロー(原題:Borg/McEnroe)』だ。ハリウッドの大作映画には今回が初出演とあって、大抜擢のキャスティングといえるだろう。

なお、本作の女性主人公であるリスベット・サランデルを演じるのは、ドラマ『ザ・クラウン』(2016-)のクレア・フォイ。リスベットの双子の姉妹を演じるのは、『ブレードランナー 2049』(2017)のラブ役が注目されたシルヴィア・フークスだ。

映画『蜘蛛の巣を払う女(原題:The Girl in the Spider’s Web)』は2018年10月5日に全米公開予定

Source: http://variety.com/2017/film/news/girl-in-the-spiders-web-sverrir-gudnason-borg-mcenroe-1202631570/
Eyecatch Image: Photo by Frankie Fouganthin ( https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sverrir_Gudnason_in_Nov_2014.jpg ) Remixed by THE RIVER

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。