『ブレードランナー 2049』女優、『ドラゴン・タトゥーの女』続編に出演へ ― 出演者総入れ替えで2018年公開

映画『ブレードランナー 2049』でネアンデル・ウォレス(ジャレッド・レト)の右腕ラブ役を演じた、女優シルヴィア・フークスが『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)の続編に出演することがわかった。米バラエティ誌が報じている。

『ブレードランナー 2049』より(シルヴィア・フークス:右)。

2018年10月の米国公開を目指して製作されている『ドラゴン・タトゥーの女』続編のタイトルは、『ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ(原題:The Girl in the Spider’s Web)』。原作小説『ミレニアム』の第4作『蜘蛛の巣を払う女』(ダヴィド・ラーゲルクランツ著)を基にした作品で、前作からは出演者・スタッフが総入れ替えとなることが決まっている。

『ドラゴン・タトゥーの女』で主人公リスベット・サランデルを演じたのはルーニー・マーラだったが、本作で同役を演じるのは、ドラマシリーズ『ザ・クラウン』(2016-)に主演したクレア・フォイ。監督は『ドント・ブリーズ』(2016)が世界的に話題を呼んだフェデ・アルバレスが務める。

バラエティ誌によると、『ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ』でシルヴィアが演じるのは主人公リスベットの「邪悪な双子」。原作小説はあるものの、映画版第2作にして原作第4作の映画化ということもあって、その他の情報は一切わからない状況だ。『ブレードランナー 2049』を皮切りに躍進が期待されるシルヴィアの、再びの大作映画に注目しよう。

映画『ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ』は2018年10月5日に全米公開予定。
その前に、2017年10月27日公開『ブレードランナー 2049』でその魅力をいち早く確認しておくように!

Source: http://variety.com/2017/film/news/blade-runner-sylvia-hoeks-girl-with-the-dragon-tattoo-sequel-exclusive-1202594759/
http://deadline.com/2017/09/claire-foy-the-crown-to-star-in-the-girl-in-the-spiders-web-sony-1202170521/
(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。