Menu
(0)

Search

『グーニーズ』のメンバー、サノスの指パッチンから生き延びていたらしい ─『デッドプール』ケーブルはどうなった?

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で、サノスはインフィニティ・ガントレットで指を鳴らし、全宇宙の生命を半減させるという野望を果たした。この“指パッチン”では、消えた者と消えなかった者がいたわけだが、どうやら少年少女たちによるワルガキグループ「グーニーズ」のメンバーは、この衝撃的な出来事から生き延びていたようだ。

『グーニーズ』(1985)と『アベンジャーズ』が物語上無関係であることは言うまでもないが、この事実を明かしたジョシュ・ブローリンはというと、『アベンジャーズ』シリーズではサノス役を演じており、『グーニーズ』ではブランド役に扮していた。ACE Universeにてブローリンは、“グーニーズのメンバーは生き延びることが出来たのか?”という質問に対して、「どうやって答えればいいのか」と少し戸惑いながらも、「グーニーズは全員生き残っています」と答えている。

この指パッチンは、ランダムで対象者が選ばれ、生命の半分が消し去さられていたわけだが、グーニーズのメンバーは全員無事だったというのだから、何とも運の強い人たちだ。さすがは、冒険の中でさまざまな危険を乗り越えてきたグーニーズのメンバーだとでもいうべきだろうか。

一方で、『デッドプール2』(2018)でタイムトラベルしてきたミュータント、ケーブルについてブローリンは「これは興味深い。ケーブルが何者なのか、そして彼の仕組みについて深く関わってくる内容ですね」と反応。ケーブルもサノスも劇中ではタイムトラベルを行っているが、ブローリンは「(タイムトラベルを使って)サノスは彼を追うのだろうか。本当に面白い話ですけど、答えることは出来ません」と説明している。

『デッドプール』と『アベンジャーズ』はマーベル作品における世界線は異なるが、仮にもふたりの対決が実現したら、タイムトラベルを駆使した壮大な戦いが繰り広げられそうだ。その結果、タイムパラドックスが発生し、TVAが現れて、ふたりとも剪定されたりして……。

Source: ACE Universe

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly