Menu
(0)

Search

「ゲーム・オブ・スローンズ」スピンオフ3本の映像化が進行中 ─ 1作はすでに実現段階、「GOTHAM/ゴッサム」クリエイター率いる

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章
©2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

人気ファンタジーシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のユニバースを拡大中の米HBOが、「9 Voyages」「Flea Bottom」「10,000 Ships」(いずれも原題)と題された3本のスピンオフシリーズ企画を新たに始動していることがわかった。米Deadlineが報じている。

現在、「ゲーム・オブ・スローンズ」からは、2つの前日譚スピンオフシリーズ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)」と「ダンクとエッグの物語」映像化作品が正式に発表されている。また、タイトル未定のアニメーションシリーズの企画が進められていることも判明済みだ。

これらに加えて、このたび伝えられた3つの企画のうち、「9 Voyages」は実現段階にあるという。「GOTHAM/ゴッサム」(2014-2019)で知られるブルーノ・ヘルラーを筆頭に、クリエイティブチームが開発にあたっているとのことだ。残る2つ「Flea Bottom」「10,000 Ships」については、脚本家などを含め制作陣は決定していない。

実現に一番近い「9 Voyages 」では、シー・スネークの称号を持つ王コーリス・ヴェラリョンの海洋冒険が描かれるとのこと。ペントスやドラゴンストーン城など、大陸の各地を巡るアドベンチャー作品になる。

また、「Flea Bottom」は七王国の王都キングズ・ランディング内の最貧困スラム地域フリーボトムを、「10,000 Ships」は王女ナイメリアの旅のことを指している。それぞれメインシリーズと関連する地域、キャラクターを題材とした企画ということで、ファンにとっても期待は大きいはずだ。同2作の続報も待ちたいところ。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly