Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』グルートが故郷に帰還か、ヴィン・ディーゼルが示唆 ─ グルート役引き受けた理由も語る

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ベビー・グルート
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでは、今後どうやらグルートが故郷に帰還する姿が描かれることになりそうだ。

これまで、グルートの故郷については映画作品では明かされてこなかったが、コミックではフローラコロッサスという人型の生きた木の種族や、知性のある植物が住む惑星・“プラネットX”が故郷であることが判明している。Phase Zeroのインタビューにて、グルートの声優ヴィン・ディーゼルは、インタビュアーから“マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギと土曜日に会う”と告げられたところ、「ケヴィン・ファイギと話すのであれば、彼が興奮している、グルートがプラネットXに帰還する話について聞いてみてください」と返した。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは今後、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』のほか、Disney+配信のスピンオフ作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』「アイ・アム・グルート(原題)」を控えている。グルートの故郷がどの作品で描かれるのかは定かでないものの、グルートが主人公となる「アイ・アム・グルート」の可能性が高そうだが……。

なお、この発言のほかディーゼルは、グルート役を引き受けたきっかけについて、「グルートは子供たちからのプレゼントだった」と説明している。「マーベル・スタジオからマーベルのキャラクターが載った本が送られてきたときに、3歳だった息子が木の写真を指差したんです。それがきっかけなんですが、このキャラクターを僕が演じることになるとは正直なところ思いもしませんでした。10歳の頃に、学芸会で木を演じる悪夢まで見ていたので。とはいえ、グルートを演じることは本当に楽しいです」。

Source: Phase Zero

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly