『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スピンオフ映画の製作検討中 ― アダム・ウォーロック登場の可能性は

米ウォルト・ディズニー・カンパニーおよびマーベル・スタジオが、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのスピンオフ映画の製作を検討していることがわかった。同シリーズは2014年に第1作、2017年に第2作が公開されている。

Vanity Fair誌によれば、ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEO、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スピンオフ作品を製作する可能性について、シリーズの脚本・監督を務めるジェームズ・ガンとの共同作業に入っていることを明らかにしたという。
ただしガン監督は現在、第3作『Vol.3(仮題)』の脚本作業に入っているため、スピンオフ作品が実現する場合も、その製作・公開時期は当面先になるものとみられる。

なお同誌に対してファイギ社長は、2019年公開の『アベンジャーズ』第4作以降に20本の新作映画を計画していることを語っていた。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスピンオフ作品も、おそらくその一環として構想されているものだろう。

マーベル、『アベンジャーズ4』以降に20本の新作映画を計画中!「地理的・時間的に独立した世界」新たに求める

主人公はラヴェジャーズ?アダム・ウォーロック?

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスピンオフ映画が誕生するとなれば、むろん気になるのは、そこで主人公の座を射止める人物だ。

2017年夏、ガン監督は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスピンオフ企画として、ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)やスタカー・オゴルド/スターホーク(シルベスター・スタローン)らの所属するチーム「ラヴェジャーズ」が主人公の作品がありうることを示唆していた。しかしこの発言はあくまでリップサービスという可能性もあり、確たる根拠はない。

またその一方で、ガン監督は先日、第2作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にて存在が示唆されたキャラクターの今後を匂わせてもいる。ポストクレジットシーンで“出産ポッド”に入っていた「アダム」ことアダム・ウォーロックだ。元々は第2作にしっかり登場する構想だったらしい彼は、なんと第3作にも登場しないかもしれないのである。

「(第2作に)アダム・ウォーロックのシーンは危うく入らないところでした。彼は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『アベンジャーズ』第4作には確実に登場しないし、公の計画もないですからね。多くの人たちが、アダムは『Vol.3』に出るものと思っていますが、誰もそれを認めたことはありませんよ。彼が繭から出てくるのにどれだけかかるのか、誰にもわかりません。僕はアダムが大好きですけど、時間だけが真実を教えてくれるんです。」

もしアダムが『Vol.3』に登場しなかった場合、コミックの人気キャラクターである彼が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スピンオフ作品で主人公となる可能性は高いだろう。ただしそれは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスピンオフというよりも、アダム・ウォーロックを主人公とする新シリーズといったほうが正確かもしれないが……。

ただしガン監督は『Vol.3』の製作後、マーベル・シネマティック・ユニバースに残るかどうか「わからない」とも述べている。ユニバースの今後も、シリーズの今後も、まだしばらくは様子見が必要そうだ。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』MovieNEX(ブルーレイ・DVD)は現在発売中。

Sources: https://www.vanityfair.com/hollywood/2017/11/marvel-cover-story
https://twitter.com/JamesGunn/status/933045776481099776
写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。