Menu
(0)

Search

マーベル超重要ヒーロー、アダム・ウォーロック『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』3作目に登場?本来は2作目に登場予定だった

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

先日、ジェームズ・ガン監督の続投が報じられた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの次回作ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』に、マーベルヒーローの超重要人物アダム・ウォーロックが登場する可能性が高まってきた。しかもジェームズ・ガン監督によると、もともとは第2作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)に登場させる予定だったという。ガン監督やマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が明かした。

アダム・ウォーロックとは

マーベルヒーローの超重要人物、アダム・ウォーロックは科学者によって生物兵器として創られた人造人間。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の映画化にあたってガン監督が強いインスピレーションを得たという、ダン・アブネット原作、アンディ・ラニング作画によるコミックではガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーとして登場していた。

またウォーロックは、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の原案コミック『インフィニティ・ガントレット』(小学館集英社プロダクション刊)にも登場しており、“サノスと戦うには欠かせないキャラクター”とすらいわれていた。ファンの間では『インフィニティ・ウォー』に登場するのではないかといわれていたが、ガン監督はこれを否定している。

「彼は『インフィニティ・ウォー』には出ません。未来のマーベル・コズミック・ユニバースの一部なんです。とても重要な役割ですよ。」

またケヴィン・ファイギ社長も、ガン監督がアダム・ウォーロックを映画に登場させようとしていることを示唆しつつ、「登場するとしたら『ガーディアンズ』でしょうね」と述べている。したがってウォーロックが登場するのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』である可能性が非常に高いだろう。

アダム・ウォーロックが『リミックス』からカットされた理由

ところがウォーロックは、本来『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に登場する予定だったという。米/Filmの取材に対して、ガン監督は同作からウォーロックの存在がカットされた経緯を語っている。

「僕はアダム・ウォーロックが大好きで、お気に入りのキャラクターの一人なんですよ。実は(『リミックス』で)アダム・ウォーロックが登場するトリートメント(物語の要約)を書きました。[中略]脚本の大きな部分を担っていたけど、キャラクターが多すぎることに気づいたんです。ウォーロックのことは本当に大好きですし、(トリートメントでの)扱い方もすごく気に入っていた。アダム・ウォーロックを、すごくクリエイティブかつユニークに登場させられたと思います。でもキャラクターが多すぎて、それにマンティスをカットしたくなくて。マンティスはとにかく必要な存在だったから。だからウォーロックを後にとっておくことに決めたんですよ。」

もっとも、アダム・ウォーロックを映画に登場させるという構想は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第1作(2014)でも確認することができる。コレクターのコレクションの中に、ウォーロックが変化した繭のようなものが存在したのである。

米Entertainment Weekly誌の取材に対して、ガン監督は「(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は)3作品の全体でひとつのストーリーを描くもの」だと語っている。第3作はシリーズの完結編だとされているだけに、1作目に用意された“ウォーロックの繭”という伏線が3作目で回収される可能性もあるだろう。

なおガン監督には、現在『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に関する仕事が残っているとのこと。とはいえすぐに第3作の準備に入るということで、いろんな情報や噂が漏れ聞こえてくるのも、早くも時間の問題かもしれない……。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は2017年5月12日公開。ひとまず2作目を観ないと始まらない!

Sources: http://screenrant.com/adam-warlock-guardians-of-the-galaxy-3/
http://ew.com/movies/2017/04/20/james-gunn-guardians-of-the-galaxy-3-trilogy/
http://www.slashfilm.com/adam-warlock-guardians-of-the-galaxy/
http://screenrant.com/james-gunn-starting-guardians-galaxy-3/
写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly