Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』アメリカ発レビュー続々!「エキサイティングで超泣ける」「マンティスが良い」

映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの劇場公開が、いよいよ2017年5月12日に迫ってきた。日本でのレッドカーペット・イベントや試写会が開催されたことで、すでに本編をご覧になった方もいることだろう。アメリカでも5月5日の公開に先がけて、すでに試写がスタートしている。海外メディアのレポーターたちは『リミックス』をどう観たのか、今回はその反応の一部をご紹介しよう

https://www.youtube.com/watch?v=4jfUVDKUuCg

笑えて泣けて、サプライズもあり?

試写を観たレポーターたちから聞こえてくる声は、おおむね好意的……というか、もはや言葉を失っている状態に近い。試写の直後、彼らは興奮状態で感想をツイートしているのである。たとえばComicbook.comのブランドン・デイヴィス氏はこんな感じだ。

「マジで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が大好きだよ。ジェームズ・ガンはヒーローだし、驚きの登場人物に目がクギ付けになる。ものすごく期待していたけど、『リミックス』には“映画が終わらなければいいのに”って思ったよ。本当に大好きだ」

同じく、映画情報サイト「/Film」のピーター・シレッタ氏も『リミックス』に何らかの“サプライズ”があることを示唆している。

「『リミックス』は一作目より愉快だし、たくさんサプライズがあって、しかも思わぬエモーショナルな奥深さがあるんだ。アイ・アム・グルート」

シレッタ氏は「マンティスとドラックスに目を奪われた」とも述べているほか、サウンドトラックについても「素晴らしいし、前回より良い曲も含まれている」とコメントしている。

また「ファンダンゴ」のエリック・デイヴィス氏も、『リミックス』の出来映えに興奮を隠していない。

「『リミックス』はエキサイティングで、ファニーで、ゴージャスで、おまけに超泣ける。多くの人にとって、新しいお気に入りのマーベル映画になるだろうね。他のマーベル映画よりも美しいし、深いし、80年代への愛情があるんだ。水彩絵の具のドラッグでトリップするような、最高にイケてる体験だよ」

一方、作品の魅力を端的にまとめてくれたのは「コライダー」のスティーブン・ワインストローブ氏だ。

「『リミックス』には最初から最後までずっとニコニコしてたよ。愉快だし、アクションも詰まってるし、エモーショナルだし、サプライズもたくさんある。いいね!

一作目に及ばず?批判的な意見も

しかしながら、試写を観たレポーターの全員が熱狂的な反応を示しているわけではない。「トラッキング・ボード」のジェフ・スナイダー氏は「理性的なことは言いづらいけど、『リミックス』は1作目ほど良くないよ」と述べている。スナイダー氏のツイートにはネタバレが含まれているため、ここですべてをご紹介することはあえて避けるが、彼はこう記しているのだ。

「『リミックス』の問題点はVFXが映画を飲み込みかけているところだ。長すぎるし、それに音楽にも頼りすぎている。家族のドラマも過剰だ。ポム・クレメンティーフの演じたマンティスはとても良かった。ドラックスとすごく相性が良くて、続編のすばらしい追加点になっている。もっと彼女を見せてくれ!」

もっともスナイダー氏は、「(『リミックス』は)悪くなかったよ。一作目が生んだ大きな期待には沿わなかったんだ」として、これらが「ネガティブなレビューではない」と強調している。また彼は、自身がマーベル・シネマティック・ユニバースの大ファンではないことを明らかにして、ファンならばきっと面白がれるだろう、という旨も記している。

ちなみにスナイダー氏とポッドキャストを放送しているサイモン・トンプソン氏は、スナイダー氏の感想に同意して「(『リミックス』には)一作目を面白くしていたほとんどの要素が欠けている。ドラックスとグルートがハイライトだよ」とツイートしていたようだ(該当のツイートはすでに削除されている)。

なおバラエティ誌のジャスティン・クロール氏は、自分自身の感想を差し控えつつ、一言これだけ記していた。

「僕のお気に入りは『アントマン』のままだよ」

今回のレビューを観るかぎり、批判的な意見を示したスナイダー氏も『リミックス』が映画として一定のクオリティに達していることは認めているようだ。マーベル・シネマティック・ユニバースを長らく追いかけてきたレポーターたちは絶賛の声を寄せているが、思えば前作は『アベンジャーズ』などにさほど関心のない観客にも広く訴求する作品性が高く評価された映画だった。ファンの期待に応える以上のクオリティが続編に求められるのもやむを得ないところだが……果たしてどんな仕上がりなのだろうか。その全貌をスクリーンで確かめられるまで、残り約3週間である。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は2017年5月12日公開

Sources: https://www.comicbookmovie.com/guardians_of_the_galaxy/vol_2/guardians-of-the-galaxy-vol-2-first-reactions-say-its-the-marvel-cinematic-universe-at-its-very-best-a150428
http://comicbook.com/2017/04/18/first-reactions-guardians-of-the-galaxy-2/
https://twitter.com/TheInSneider/status/854207574295552000
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=dW1BIid8Osg
©2016 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly