『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作は『アベンジャーズ』第4作以降に製作開始!内容も同作以降のストーリーに

今やマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の重要な一角を占める『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、現在公開中の第2作につづき、早くも第3作の製作が決定している。脚本と監督には、過去2作でとても高い評価を得たジェームズ・ガンが再登板する予定だ。

すでにガン監督は第3作の準備に入りつつあるようだが、製作の本格始動は、目下製作中の『アベンジャーズ』シリーズ第4作の完成後となりそうだ。ガン監督の弟で、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ではクラグリン役とロケットのモーション・キャプチャーを務めているショーン・ガンが、現在の進捗状況について語っている。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作でシリーズ完結!ジェームズ・ガン監督が続投決定

海外のファンメディア「ファンフェスタ」のインタビューに登場したショーンは、自身の演じたクラグリンが第2作以降どうなるのか尋ねられて「ファンのみんなと一緒だよ。わからないんだ」と答えた。そこでインタビュアーに「ジェームズ(・ガン監督)とはまだ話していないんですか?」と聞かれた彼は、監督の現状について、以下のように明かしている。

「今、ジェームズはちょっと我慢してるんだと思うよ。なぜならガーディアンズに起こることは、『インフィニティ・ウォー』での出来事と一部関係しているからね。兄は『インフィニティ・ウォー』のプロデューサーだけど、あの映画たち(『アベンジャーズ』第4作を含む)の製作がまだ終わっていないんだ。だから、そこでガーディアンズに何が起きるのか、ガーディアンズにどんな影響があるのかがわかるまで少し様子見だよ。でも(第3作に)もうたくさんのアイデアがあることは知ってる」

またショーンによると、『アベンジャーズ』第3作・第4作の撮影は少なくとも2017年いっぱいまでかかるようだ。すなわち『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作は2018年から本格的に製作されることになるだろう。やはり、劇場公開は早くとも2020年頃になりそうだ。

ちなみにガン監督は、自身のTwitterで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3作のストーリーが『アベンジャーズ』第4作以降を舞台としたものになることを明かしていた。第2作『リミックス』が主に2014年を舞台とした物語だったことを思うと、物語の時系列はやや飛ぶことになる。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は現在公開中。2018年には待望のクロスオーバー『インフィニティ・ウォー』があるものの、彼ら単独の次なる冒険はもう少しだけお預けだ。

Sources: http://fanfest.com/2017/05/27/sean-gunn-talks-rocket-raccoon-and-says-avengers-infinity-war-will-mold-guardians-next-chapter/
http://screenrant.com/guardians-of-the-galaxy-3-timeline-avengers-infinity-war/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー-プレリュード-MARVEL-ダン・アブネット-アンディ・ラニング/dp/4796875190/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。