Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』、『ザ・スーサイド・スクワッド』作曲家が登板 ─ ジェームズ・ガン「ネタバレしてしまった」

ジェームズ・ガン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28557194032/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』の音楽を、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)などのジョン・マーフィーが手掛けることがわかった。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第3作となる本作は現在撮影準備中で、監督・脚本を務めるジェームズ・ガンが、Cinema Blendのインタビューにて現状を明かしている。このインタビューの直前まで各部門長と打ち合わせを行っていたとのことで、「映画の最後の部分に向けて、ショットからショットへと、それぞれのショットがどのようにして撮られるべきなのかについて詳細に説明していました。5月に撮影するものです」という。これまで撮影時期は、2021年11月から2022年4月頃までと伝えられていたが、このたび監督が説明したところによると、5月までは少なくとも撮影が続くようだ。

1ヶ月以内にも迫る撮影の準備に追われる中、ジェームズ・ガン監督は、Cinema Blendにネタバレをしてしまったようだ。それがこのたび判明した音楽担当者についてである。「この取材が終わったら、ジョン・マーフィが作曲した劇伴を聴きに行かなくてはなりません。どうやら、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でジョン・マーフィーが音楽を担当していることをネタバレしてしまったようです。つまり君たちは、スクープを手に入れたわけです」。わざとなのかうっかりなのかは定かでないが、ガンのおなじみのユーモアセンスと懐の深さがうかがえる発言だ。

音楽を担当することになったジョン・マーフィーといえば、『ザ・スーサイド・スクワッド』のほか、ガイ・リッチーによる『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)『スナッチ』(2000)、ダニー・ボイル『28日後…』(2002)『サンシャイン 2057』(2007)、マイケル・マンによる『マイアミ・バイス』(2006)など、名だたる巨匠たちと仕事を共にしてきたことで知られる。ジェームズ・ガンとの再タッグに期待が高まるばかりだ。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2023年5月5日に米国公開予定。なお、日本公開は同年4月予定と告知されている。

あわせて読みたい

Source: Cinema Blend

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly