Menu
(0)

Search

ネビュラ役カレン・ギラン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は「これからも続く、打ち切れるとは思えない」

カレン・ギラン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/34154052454/

2018年7月、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』から、ジェームズ・ガン監督が過去の不適切な発言を理由に解雇された。過去2作品の脚本・監督を務め、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長からも厚い信頼を受けていたクリエイターの解雇は世界中のファンに大きな衝撃をもたらしている。

本作は現在、ガンに代わる監督の後任者が検討されている状況だ。ディズニー/マーベルは企画を無期限保留状態としており、2018年10月25日時点で、製作状況に進展がないことをケヴィン社長は認めている

このたび、一人の人物が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の今後についての認識を明かした。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でネビュラ役を演じたカレン・ギランはシリーズの継続を熱望しているのだ。

The Wrapのポッドキャスト「Shoot This Now」にて、カレンは『Vol.3』の現状については「本当に何も知らないんです」と発言。一方で、シリーズの継続には強い確信があることを明かした。

(スタジオは)話し合いの最中で、次はどう動くのがベストかを検討しているところだと思います。すべてがうまく収まって、(『Vol.3』の)ストーリーを語ることができることを願っていますよ。物語が続けばいいなと思います。[中略]彼ら(スタジオ)は続けていくつもりですしね。(シリーズは)続くことになるでしょうし、打ち切れるとは思いません。」

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

ここでカレンが話していることは、シリーズのファンにはすべて腑に落ちるものだろう。前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)は数多の伏線や未解決の要素を残して幕を閉じたほか、『Vol.3』は『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)以降のマーベル・シネマティック・ユニバースを展開させるために重要な作品だとされていたのだ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズが第2作で終わってしまうとは到底思えない。

なお『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は、2018年8月下旬に製作準備(プリプロダクション)チームが解散され、先述の通り、監督の後任者が決定するまで企画は無期限保留状態となった。ジェームズ・ガンは解雇によって企画を離脱しているが、ガンの弟であるクラグリン役のショーン・ガンによれば、すでに完成していた本作の脚本は今後も使用される方針とのこと。ただし、新監督の就任後に改稿が加えられる可能性は高いとみられる。

ところでガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーといえば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)を経ての『アベンジャーズ』第4作でいかなる活躍を見せるかも気になるところ。カレン演じるネビュラには、きっと小さくない役割が与えられているはずだが……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定。

Sources: The Wrap, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly