Menu
(0)

Search

DCドラマのクロスオーバー「エルスワールド」、スーパーガール&バットウーマンが対面!

https://www.instagram.com/p/Bpaia21APg4/ スクリーンショット

DCコミックス原作ドラマ「ARROW/アロー」(2013-)、「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)、「SUPERGIRL/スーパーガール」(2015-)、「レジェンド・オブ・トゥモロー」(2016-)は「アローバース」と呼ばれる世界観を共有。2018年12月9~11日(現地時間)、これらの作品群がクロスオーバーするイベント・シリーズの第3弾「エルスワールド(邦題未定、原題:Elseworlds)」が3夜連続で米国にて放送される。

「エルスワールド」の大きな見どころは、人気キャラクターのバットウーマン/ケイト・ケインが実写作品に初登場するところ。演じるのは『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)や『MEG ザ・モンスター』(2018)のルビー・ローズだ。

このたび、スーパーガール役のメリッサ・ブノワがInstagramにルビーとの2ショット写真を投稿。それぞれのコスチュームに身を包んでいるあたり、どうやらスーパーガールとバットウーマンは劇中でしっかり対面することになりそうだ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

indicative of my excitement that she’s here and kicking ass @rubyrose 👯‍♀️

Melissa Benoistさん(@melissabenoist)がシェアした投稿 –

本作でバットウーマンのコスチュームをデザインしたのは、「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」に続いての参加となるコリーン・アトウッド。映画『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)や『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)なども手がけ、アカデミー衣装デザイン賞に4度輝いている実力者だ。ちなみにDCコミックスはバットウーマンの公式ビジュアルを2018年10月9日(米国時間)に公開していた。

「エルスワールド」はDCコミックスにおける“もしも”を描く番外編的読み切りシリーズとして存在するもの。今回のクロスオーバー・シリーズではアローとフラッシュが“入れ替わる”ほか、スーパーマンが黒いスーツ姿で登場することになるようだ(詳細記事)。さらにスーパーマンの恋人ロイス・レインも初登場するなど、すでにお腹いっぱいになりそうな情報量だが、物語にバットマンはどのように絡んでくるのだろうか…?

なおバットウーマンは本作のほか、すでに単独ドラマシリーズ「バットウーマン(邦題未定、原題:Batwoman)」の制作も決定済み。ケイト・ケイン/バットウーマンがゴッサム・シティで復活する犯罪者たちに立ち向かう物語になるようだが、彼女はゴッサム・シティの新たな希望のシンボルとなる前に、自身の内面に潜む悪魔に直面する必要に迫られるのだとか。
ちなみにバットウーマンはレズビアンという設定で、スーパーヒーローを描く実写作品においてセクシャル・マイノリティが主人公となるのは「バットウーマン」が初めてとなる。

「アローバース」各シリーズのクロスオーバー・イベント「エルスワールド(邦題未定、原題:Elseworlds)は2018年12月9日~11日に米国で放送予定。なお今回は「レジェンド・オブ・トゥモロー」は参加していない。

Source: Melissa Benoist

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly