Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』監督、「本当にヘビーな作品になる」と予告

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手がけてきたジェームズ・ガンが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』の内容を予告した。

ガン監督は米Entertainment Weeklyにて、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)のスピンオフドラマ「ピースメーカー(原題:Peacemaker)」の撮影中から『Vol.3』の作業を始めていたことを明かした。2018年、ガン監督は過去の発言を理由に本作を一時解雇されたが、脚本は当時から完成済み。その内容と現状について、ガン監督はわずかにこう述べている。

「『ガーディアンズ3』の脚本はずいぶん長いあいだ書いているので、長年いじっているような感じがありますね。だけど、基本的には3年前から同じですよ。実際、本当にヘビーな作品になります。さらにヘビーなストーリーですから、エモーショナルな体験になるでしょうね。」

今回のコメントからは、製作スケジュールの変動を受けて脚本のリライトが行われていることがうかがえる。しかしながら本人も強調するように、大幅な変更が必要になったわけではないようだ。これまでガン監督は、本作が「現在のチームにとっておそらく最後」の作品になること、従来の物語に決着をつけることを予告していた。ネビュラ役のカレン・ギランは、脚本の出来栄えに「素晴らしい出来で、私はジェームズ史上最高の『ガーディアンズ~』だと思います」とコメント。また、「たくさん泣いてしまった」とも言っている。

ちなみに監督は、これに先がけて登場する『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』については「ゆるいし、楽しい」と一言。撮影は『Vol.3』と同時に行われるため、一部同じセットも使用されるという。脚本の出来栄えには自身も満足しているようで、「良いホリデー・スペシャルになりそう」と述べた。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2023年5月5日に米国公開予定。ディズニープラスオリジナル作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』は2022年配信予定だ。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly