Menu
(0)

Search

『グリーン・ホーネット』再映画化、『アップグレード』『透明人間』監督が交渉中 ─『スパイダーマン』脚本家が執筆

グリーン・ホーネット
© Columbia Pictures 写真:ゼータイメージ

グリーン・ホーネット』の新作映画『The Green Hornet and Kato(原題)』の監督として、『アップグレード』(2018)『透明人間』(2020)などで知られる鬼才、リー・ワネルが交渉中であることがわかった。米Deadlineが報じている。

『グリーン・ホーネット』は、ラジオドラマとして1936年に誕生した。主人公である新聞社の若き社長のブリット・リードことヒーローのグリーン・ホーネットが、武術の達人カトーとともに、犯罪に立ち向かう物語だ。このたびの映画版は、2020年4月にユニバーサル・ピクチャーズがアメイジア・エンターテインメントとパートナー契約を結び、製作することが伝えられていた企画。2年の時を経て、再び企画が大きく前進している。

現在監督として交渉中のリー・ワネルといえば、『透明人間』では最先端の技術を駆使して恐怖と狂気を描き出し、批評家から絶賛された。そのほか、『ソウ』『インシディアス』シリーズにて脚本も担当しており、『インシディアス 序章』(2015)では監督も担当。本作の監督として正式就任したときには、ホラージャンルや革新的な演出を得意とするワネルならではの、『グリーン・ホーネット』映画に仕上げてほしいところだ。

脚本を務めるのは、『ジュラシック・パーク』(1993)『スパイダーマン』(2002)などのデヴィッド・コープ。報道によると、2022年初頭にユニバーサル・ピクチャーズは、コープから本作の脚本を手に入れているようで、その出来を高く評価しているとのこと。またワネル監督との契約が締結すれば、プリプロダクション・製作準備に早急に移行するとも伝えられている。

これまでに幾度となく映像化されてきた『グリーン・ホーネット』は、ラジオドラマに続き、1940と1941年に2作の連続活劇が製作された。以降、1966年にテレビシリーズ、2011年に映画としてリメイクされている。テレビシリーズ版には、ブルース・リーがカトー役で出演しており、リーにとっての出世作としても知られている。映画版では、セス・ローゲンがグリーン・ホーネット役、ジェイ・チョウがカトー役を務めた。新たに蘇る映画では、一体誰がキャスティングされるのか。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly