Menu
(0)

Search

『グリーンブック』否定論への疑問 ─ 「入り口」になる映画はいつの時代も必要だ

グリーンブック
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

第91回アカデミー賞は、グリーンブック(2018)の作品賞受賞とともに幕を閉じた。しかし、その結果が波紋を呼んでいる。評論家筋から絶賛されていた『ROMA』(2018)や『ブラック・クランズマン』(2018)を押しのけての受賞だったからだ。もっとも、単に候補作のクオリティが拮抗していた、というだけなら賞レースではつきものの余波である。ただ、『グリーンブック』の作品賞獲得で問題になっているのは、より政治的な部分だといえるだろう。はっきりいって、アカデミー会員から人種差別的な価値観が払拭されていないとまで論ずるメディアもある。

筆者は『グリーンブック』という映画を愛する立場として、「同作が受賞に値しない」との論調を考えていきたい。

グリーンブック
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

解説:なぜ『グリーンブック』の作品賞受賞が批判されているのか

まず、『グリーンブック』否定派の意見を並べていこう。もっとも手厳しい論調を展開しているメディアのひとつがTHE ROOTである。同メディアは『グリーンブック』を「白人による白人のための人種的和解の幻想を描いた」映画だと酷評している。そして、主役の2人、黒人ピアニストのドン・シャーリーとイタリア系白人運転手のトニー・バレロンガが、史実では友人関係になかった点を強調した。

そのほか、否定派にもっとも多い意見が「『グリーンブック』が現代的な問題を描いていない」というものだ。言うまでもなく、2019年になっても根強い人種差別は残っている。白人と黒人が一緒に旅をしているうちに友情を結んだという美談がまかり通ってしまう状況は、人種問題に関心のある層には受け入れがたいほどの日和見主義に見えているのだ。

スパイク・リー監督によるアカデミー賞授賞式での振舞いも、否定派の怒りに油を注いだ。リーは『グリーンブック』が受賞した瞬間、会場を後にしようとして止められたという。リーは第62回アカデミー賞でも『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)での受賞が有力視されながら、蓋を開けてみれば作品賞の候補にすらならなかった過去を持つ。その年、作品賞を獲得したのは黒人の運転手とユダヤ系老婦人の交流を描いた『ドライビング Miss デイジー』(1989)だった。第91回の受賞結果と第62回を重ね合わせて評するメディアは少なくない。

ピーター・ファレリーはスパイク・リーより下なのか?

ただ、筆者はこう思う。どうしてリーの一挙一動は注目されているにもかかわらず、『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督のコメントはあまり重要視されないのだろう?当サイトTHE RIVERを除けば、本当に数えるほどのメディアしかピーター・ファレリーの言葉に耳を傾けていないのが気になる。

その答えは簡単で、メディアや評論家がファレリーをリーの下に見ているからだ。かたや、インディペンデント映画界の生ける神話で、ハリウッドの人種差別と戦い続けている男、リー。かたや、弟のボビーとともにお下劣なコメディ映画を量産してきた男、ファレリー。もしもファレリーが社会派監督で、政治的な発言も積極的に行うようなタイプの人間だったら、ここまで作品賞受賞をバッシングされていなかったはずだ。

「白人であるピーター・ファレリーが黒人差別をテーマにしていることが偽善」という意見もある。しかし、ファレリー兄弟のフィルモグラフィーを振り返ると、彼らは彼らなりの方法論で差別と戦ってきた作家だとわかる。『愛しのローズマリー』(2001)や『ふたりにクギづけ』(2003)のように、ファレリー兄弟の映画では病気や障害を抱えた人間がたびたび重要な役割を果たしてきた。製作した『リンガー★替え玉選手権』(2005)も知的障害者と健常者の関係に切り込んだ作品である。

ファレリー兄弟は、マイノリティに属する人間がステレオタイプな価値観に押し込められてしまうことの危険性を常に発信してきた。『グリーンブック』のドン・シャーリーの造形にも、信念が受け継がれている。ドンは黒人であるにもかかわらず、彼らの音楽や食文化になじみがない。しかし、単に白人化した知識層の黒人というわけでもなく、複雑な生い立ちに苦悩している。ドンはこれまでのフィクションの類型に収まらないキャラクターであり、そのこと自体が映画のメッセージになっている。肌の色や人種で人間性は決めつけられないのだと。

Writer

石塚 就一
石塚 就一就一 石塚

京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly