Menu
(0)

Search

『アイアンマン3』ガイ・ピアース、アルドリッチ・キリアン役の再演に前向き ─「間違いなく検討する」

ガイ・ピアース
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Guy_Pearce_Cannes_2012.jpg

『L.A.コンフィデンシャル』(1997)でハリウッドデビューを飾り、クリストファー・ノーラン『メメント』(2000)、 キャスリン・ビグロー『ハート・ロッカー』(2008) 、ブライアン・デ・パルマ『ドミノ 復讐の咆哮』(2019)など、錚々たる監督たちと仕事を共にしてきた俳優ガイ・ピアース

華やかな経歴を持つピアースは、『アイアンマン3』(2013)にてマーベルシネマティック・ユニバース(MCU)入りも果たしている。フェイズ2の幕開けとなった本作で、ピアースはメインヴィランであるアルドリッチ・キリアン役を演じた。A.I.M.の創設者である科学者で、トニー・スターク/アイアンマンを追い詰め、やがて一騎打ちを繰り広げるというキャラクターだ。

そんなアルドリッチ・キリアン役の再演に対して、ピアースは前向きな姿勢を示していることがわかった。米Screen Rantのインタビューにて、「復帰することに興味を持たれれば、僕自身も間違いなく検討するでしょう」と本人自らが明かしている。つまり、マーベル・スタジオ側が望みさえすれば、ピアースによるアルドリッチ・キリアンが復帰すること自体は可能なわけだ。『アイアンマン3』以前の物語を投影した作品だったり、アニメ「ホワット・イフ…?(原題:What If…?)」などであれば現実的にも可能だろう。

なおアルドリッチ・キリアン役を演じたことについては、「素晴らしかったですよ。最高でした。あのキャラクターを演じることが大好きです」と語っている。共演者のロバート・ダウニー・Jrやグウィネス・パルトロー、シェーン・ブラック監督との映画製作についても、「本当に素敵な時間を過ごした」とのことだ。

Source: Screen Rant

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly